スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

区別がつかない



A69Z3424.jpg

若の方は同一固体だとばかり思っていましたが、家のパソコンで確認すると違って見えるんですよ。
二枚目ではお互いに牽制し合っているので、ややノビをしている状態の為分かりづらい~。

お恥ずかしい話ですが私まだまだ固体の識別ができません。
そりゃ♂♀の違いや成鳥と雛の区別はできますが、性別も成長の度合いも同じものとなると
それらの微妙な違いを見分ける能力が無いです。

二枚目の左にいる若と一枚目の若は足の赤さ具合が違って見えるんですが、
胸の黒っぽさからは同じ固体に見えるんです。

まだまだカワセミ初心者って事ですね。



さて、昨日からの大ニュースにヒッグス粒子の発見があげられていますが、今一つ良く分からないなぁ。
素粒子だけでは質量が無かったけど、このヒッグス粒子があるから質量が発生したって新聞に書いてあった
けど、何のことやら。

以前ニュートリノが高速より速い速度を出したという研究成果が発表されて、相対性理論を
打ち破る実験結果と騒がれましたが、先日それは計算ミスだったという事が発表されましたね。

ミクロな世界、目には見えない微小な世界での出来事なんて、どこまで誤差と考えれば良いんでしょうね。
円周率を3.14と3でどれだけ違いが有るかなんてレベルじゃない事だけは容易に想像がつくけど…。



あ、そんな精緻な世界からすれば、カワセミの個体差を認識するのなんて訳無い筈なんだがなぁ。


2012年07月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。