スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

のっぺり病



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へクリックが励みになります。宜しくお願い致します。
にほんブログ村

mk4を使い出して5回程撮影したが、まだまだ自分のものになっていないなぁ。当たり前ですが(汗)。
ISO感度を上げての撮影は使えないと判断したが、それも他の何かが間違っているから、
少なくともそれぞれの機能の相性というものがありそうな気がしている。

そして現在尤も気になっているのが解像度の低さだ。
決してカメラが悪いのではないだろう。レンズだって申し分ないはずだ。
なのに、使い出した最初の印象は「これが1Dの絵か?」なのである。

誤解の無いように改めて言うが、機材は申し分ないはずなんだ。
そう、使いながらクセや微調整を詰めていけば必ず良いものが撮れる筈だ。

そこでお恥ずかしい話だが、3回撮った時に漸くあることに気づいた。
「もしかして後ピン?」と。
いやね、カメラ本体を購入したら早いとこピント調整に出すべきなのは分かっていますよ。
でも、どうせ出すのなら何か不具合でも無いか確認してからの方がいいとい持ったわけさ。
実際にAFエリアが選択している以外のフレームが合焦時にうっすら発光している現象も発見してますしね。
その他にも何かあるかもしれないじゃない。どうせ時間を割いてサービスセンターまで持ち込むなら
一回で済ませたいですから。

そこで4回目の後半から『AFマイクロアジャスト』を「-5」にしてます。
うむ、前より良くなった感じですな。

後はなんでしょうね。まだまだ試行錯誤はつづく…。
ちなみにピント調整には今月下旬に出す予定です。

2011年09月08日 | Comments(2) | Trackback(0) | カメラ
コメント
No title
motasukeさん、こんばんは
NIKONにしろCANONにしろ、フラグシップ機は「誰が撮っても綺麗に」ではありません。
いわゆる「バカチョン」ではないのですから。
RAWで撮影し、現像段階で追い込む必要があります。
また、付属のDPPによる現像と、SILKYPIX や Photoshop、ACDSeePro3、CaptureOne など他の現像ソフトによっても仕上がりは大きく変わってきます。
フラグシップを使い切るためには、現像だけでなくレタッチの技術も必要になってきます。
奥が深いですよね~、大変ですよね~(^^:)
だっく URL 2011年09月09日 19:56:10 編集
だっくさん
だっくさん、お早うございます。
『追い込む』必要性をただいま痛感中です。
DPPも分からない点がありまして、
50%表示ではクッキリしていたと思ったのが、
画面に合わせての表示にするとボケてしまい、
表示される大きさからは小さくなっているのに眠い感じになってしまうんです。

そして影の一番の悩みは、老眼でパソコンの画面がボケてしまうことです。
いや、そんな泣き言を言っている場合じゃあにですね。
トライ&エラーで頑張ります!
motasuke URL 2011年09月10日 08:58:03 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。