スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

良い写真って何?



IMG_9050.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へクリックが励みになります。宜しくお願い致します。
にほんブログ村

自然の中でありのままを撮ろうとすると、結構背景や手前に余計なものが入ってしまう。
すると多くの人は「バックが悪いから駄目だ!」と言うのだ。

確かにそうでしょう。言いたい事も良くわかります。
でも、な~んにも無い所に枝が一本あるもの不自然だよね。
バックは綺麗になるかもしれないが、不自然さが残ってしまう。
全部がそうではないだろうし、本当に背景が抜けている場所に一本だけカワセミがよく止る枝もあるでしょう。

できればそんな場所で撮ってみたいなぁ。

いやいや、そうではなくて、近頃では、自然の中にいるカワセミっていうのを撮ってみたい。
勿論今撮っているのも紛れも無い自然の中なのだが、何て言うのかな、美しい自然の中のワンシーンですかね。
一枚の写真として、良いものを撮りたいんですね~。

でも、カワセミを解像度良く撮ろうとすれば、ある人曰く「やらせには敵わないよ」と。
ここに飛び込む、と分かっていれば置きピンでF値の明るいレンズでピンポイントだけ狙っていれば
遠隔操作でカメラだけを近くに設置することも可能だ。

こうなってくると何がなんだか分からなくなってくる。
良い写真って、或いは綺麗に撮れている写真って何だ?

未だにカワセミばかり撮っている私にとって、目指すべき(撮りたい)写真のイメージを
しっかり確立出来ていない事が悩んでしまう最大の要因なのかもしれないなぁ…。

まだまだカワセミを追いかける日々が続きそうです(笑)。

2011年04月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | カメラ
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。