スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

やっぱり雲台だな



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へクリックが励みになります。宜しくお願い致します。
にほんブログ村

暫くの間、カメラ本体を買い替えようと準備してきたが、ここに来て雲台にしようか又悩んでます(汗)。
そう、又なんですよ。

キヤノンの1D系と同じくらいの金額で雲台と三脚が買えます。
ザハトラーのDV10にジッツォの5シリーズですね。

よく分からないのがボール径100㎜をジッツォ特注で使われている例が多いのですが、
はて、特注品ってやっぱり高いのかなぁ…。
ロングプレートと併せるとトータルで1Dより高くなってしまうのでしょうか?

もう少し勉強しないと駄目ですね。
しかしまぁ雲台でウン十万とは、ネットで良い写真を見てしまうと自分も撮りたくなってしまうんですよね~。


2011年02月09日 | Comments(8) | Trackback(0) | カメラ
コメント
まだまだ修行が?
社長。まだ悩んでいるのですか?
早く決済してください。
カメラも雲台も三脚もまとめて決裁してください。
そうでないと付いていけません。
可愛い社員の提言です。(笑い)
t-hirai URL 2011年02月09日 17:46:00 編集
買っちゃえ~(笑)
今Gitzoはキャッシュバックセール中で~す!!
んで、アダプターリングは
http://www.fourone.jp/shosai/sachtler/dv10sb.html
値段はこんな感じですかね?
自分は1ランク下のFSB8と3型で行こうかと考えています。
なにせ今のシステムで重いと感じてしまう位体力無いですからね!!
と言うよりは財がありません(爆)
やす URL 2011年02月09日 21:00:41 編集
お久しぶりです。
ものすごくお久しぶりです!
さんるい横丁のとろそれです。
昔よくコメントいただいた気がするのですが・・
覚えていらっしゃいますか?

とっても綺麗なカワセミの写真がたくさん。
私も形だけの一眼レフ保持者ですが、
全く持って使いこなせていないので
お恥ずかしい限りです・・

自然の中でカワセミと一対一。
冬のピンと張りつめた空気の中、いいですね~
とろそれ URL 2011年02月10日 14:38:41 編集
t-hiraiさん
すんません。
まだ悩んでます。
だって税理士さんが、「今期どうします?」
なんて言うんですもの(汗)。

じゃあ、雲台と三脚でゴーって事で。
項目は(会社の)足元をしっかりさせる為の費用にて。
motasuke URL 2011年02月11日 21:35:02 編集
やすさん
ご紹介頂いたサイト、とても参考になりました。
お店によってはゴーヨンだと、FSB6をベストマッチとしていますね。
DV10では雲台の力が強すぎるんだとか。
私もFSB8にしようかなぁ。

お金が無いのは私のほうですから!
motasuke URL 2011年02月11日 21:46:31 編集
とろそれさん
ご無沙汰ですね~。
私が不義理をしてしまいまして、申し訳ありません。
憶えているもなにも、忘れるはずなどありませんよ。
ほら、私『芸術に憧れる管理人』って書いてあるでしょう(笑)。

とろそれさんの演奏会にも行きたいなぁと思いながら、
お子さんの育児も大変なんだろうなぁなんて、
両立されているお姿に頭が下がります。

実は先日も読み逃げしてしまい、反省してま~す(汗)。
また伺いますので、宜しくお願いしますね。
motasuke URL 2011年02月11日 22:00:14 編集
No title
大分ご無沙汰しております。
雲台の検討、悩んでおられるようなので、参考までにコメントさせて頂きます。

GIZTO5541LS等の5型三脚にFSB8等の雲台を装着する場合、75mmのボール受け(GIZTO GS5121LVL)を装着しますが、三脚側のリング部分が斜めに変形して脱落しやすくなります。

そのためボール受けを100mm(GIZTO GS5320V100)に変えて使用することで三脚とガッチリ固定できますが、ボールの接点が底辺部分だけしかないため動きが悪くなります。(強度的には問題ありませんが・・・)

そのため、100mmボールのSachtlerはDV10SBや中古でDV8-100SBをお勧めします。
DVシリーズはFSBシリーズより強靭に作られておりカウンターバランスを上限一杯で使うより、余裕を持たせて使った方が長持ちすると思いますよ。

特にプレートの統一化の為にWimberleyクランプなど付けると、カメラやレンズの重心が更に上がり、記載以上の耐加重が必要となります。
また、Sachtlerはビデオカメラ用雲台であるため、全長の長い望遠レンズが傾いた時の耐加重まで考慮した記載はしていません。

円高ユーロ安で更にSachtlerは値段が下がっており、プロショップでもDV10SBは25万を切っています。
まだまだ円高は長引きそうなので、慌てずに時間を掛けてじっくり検討してください。

MarkⅣも検討との事ですが、カワセミを撮るなら距離センサが飛躍的に改良されてから購入された方が良いかと思います。

Canon NewレンズはWimberley200のような自由雲台でもISをONにしたまま鳥を追えるので、Sachtlerが要らなくなるかも知りません。

これからも悩むことを楽しんでください。

SKY-1
SKY-1 URL 2011年02月13日 11:26:40 編集
SKY-1さん
こんばんは、お名前をまた変えましたか?(笑)。
非常に分かり易く教えていただき、大変参考になりました。

ザハトラーが要らなくなるかも…?
あ、newレンズならですね。それなら心配いりません。
何てったってレンズはもう買い替えなど一生無いと思います(笑)。

全長が長いレンズでの荷重のお話、
感動しました。
そうですよね、重心は三脚・雲台の上にあっても力点が遠いのはまた別の話ですね。

体力は左程心配していないので、
アルミの4番で足元を固めようかとも思っています。

やはり悩んでいる時が一番幸せなのでしょうか(爆)。
これからも色々教えて下さい。
motasuke URL 2011年02月13日 23:04:51 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。