スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

かなり疑問

先日エントリーした大阪市ですが、明日30日には夏の賞与がでるそうです。財政は依然として健全化されていませんし、職員の厚遇やカラ残業が明るみに出ているにもかかわらず、一般職員(平均41・4歳)の平均支給額は6505円増の88万926円となるとは、世の中、これでええんかい! 全く開いた口が塞がらないとはこの事です。

今すぐ、今すぐにでも大阪市民の皆さん、地方税を払うのを止めましょう。同じ納税者として感じるのは、自分達の税金がこうも無駄に使われていていいのでしょうか?

今の税調が出した答えは「サラリーマンの人にはもっと頑張ってもらいましょう」と増税です。小泉首相も「今のままでは歳出をおさえるだけでは財政が成り立たないという認識はあります」と言っています。解釈にもよりますが、増税を暗に示しているとの見方もできますが、ここは、だからこそ増税ではなく、今よりもっと、無駄を通り越した理不尽で悪の権化の様な間違った歳出を減らす事を先ずしてもらいたい。

首に鈴を付ける機関が上手く機能していない事は明白で、今の社会システムが限界にきているのではないでしょうか?
一向に減らない不正(そんなものはどこでもあるよ、とか、今に始まった事じゃないでしょう。と言われるかもしれないが)にいい加減、日本国民は怒ってもいいんじゃないのかな。

この時期、こちとら消費税、市民税、自動車税、重量税、リサイクル法に基づく費用とかで、もっていかれるばかりだ。
TVタックルも疑問を投げかけ、ヤンヤ、ヤンヤの大騒ぎだけで終わらせないで、しっかりとした提言なり回答をもらうよう詰め寄るぐらいの事は出演している先生方にはお願いしたい。
ギャーギャー騒ぐだけなら、私の様な一国民にもできる。でもそうした庶民の声は【お上】には聞こえない様子なので、この国の未来を託せそうに無い。
まともな役人や議員の方にもっと奮起をしてもらいたい。そういう人を応援します。

余りにも頭にきたのでチョッと過激な表現があったかもしれません。不快に思われた方には申し訳ありません。
2005年06月29日 | Comments(0) | Trackback(1) | ちょっと疑問
コメント

管理者だけに表示する
トラックバック
 政府がサラリーマンをターゲットに増税策を仕掛けた理由は簡単である。サラリーマンはぶつぶつ文句は言っても、何も行動せず、投票にも行かないからである。 とすれば、対抗策はまず投票に行くことである。普段選挙に行かないサラリーマンも若者も選挙権のある者はそれを
日本独立共和党 2005年06月30日 22:55:15

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。