スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

順番

え~昔から定番のお題と言いましょうか、よくある話なんですが、
靴やズボンの裾に左右どちらの足から通すのかという事を自分で確認しました。

家族はどうかと聴いてみた所、右足からと言う回答が多かったですね。

でもって、私はどうかと言いますと、ズボンは左足から、靴下は右足から、靴は左足から。
と、アイテムによって違うんですけど何か変な気がします。
普通はどちらかに統一されていると思うのですが、それは私の思い過ごしでしょうか。

自分にとっての軸足、つまり飛び出す時の踏み切る足は決まっているでしょうから、
軸足と履く順番は何らかの因果関係があるに違いない!

と多少強気に言い切ってみたものの、靴下の履く順序が他のと違っている私では説得力に欠けるなぁ。
でも、最初にズボンを履いたりする時って、それまでの両足でたっている状態から片方の足で体を
支える不安定な状態になるわけだから、バランスをとり易いのは軸足で立つ方ではないだろうか。

つまり、最初に持ち上げるのは、軸足ではない方の足である可能性が高い。


おぉ!我ながら、なかなか素晴らしい仮説だ。


となると残る問題は、私が靴下を履くのが何故右足からなのか、なのであるが、
これは多分靴下を履く動作をする状況によると思われる。

つまり、靴下を履く時、ベッドに腰を下ろしている状態であって、どちらの足を持ち上げようが
不安定にならないからではないだろうか。
でも、これは左足から履かなくてもよい条件にはなるが、右足から必ず履く必然性にはチト弱い。

ズボンや靴を履く動作を『軸足理論』とすると、靴下を履く理論は一体何なんだ?


2010年02月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う
コメント

管理者だけに表示する
«« トリャ! | HOME | カワセミ »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。