スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

雪カワセミ



IMG_5037.jpg

朝、雪がまだ残っているのを確認したので、いつもより早く現地について気合を入れて
撮影に臨んだのですが、肝心の主役が一向に姿を現さずに撃沈となりました。

思い描いていた最高のシーンは枝に止まっているカワセミの頭に雪が積もってゆく「雪カワセミ」
でしたが、雪は止むわカワセミの出が悪いわで、あぁもう!私の休みを返してくれい、って感じ。

何とか画面内に雪が写っているものを選んだのですが、思いっきり中途半端になってしまった。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


まったく関係無い話だけど、昨夜の雪の中、アイドルグループ『嵐』のマツジュンこと松本潤君の
運転する車が雪でスリップし、前方の車に接触するという事故がありましたね。
幸い大事に至らなかったという事で、頭を過ぎったのは、相手の運転手は女性だとの事で、
事故で怒るというよりもマツジュンとの思わぬ出会いに感激してしまったのでは?という
何とも不謹慎な私です。

ウチの妻だったら、間違いなく感激したことでしょう。なんてったって、売れに売れている
DVD、我が家も購入してますもの。





2010年02月02日 | Comments(8) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント
やりましたね~~~!
カワセミの頭に雪なんて贅沢言ってはいけませんよ。
素敵な写真が撮れましたね~~~!
寒い中頑張った甲斐がありましたね。 見事です!!!
t-hirai URL 2010年02月03日 07:11:23 編集
はじめまして
はじめまして。
ブログ村の野鳥写真より辿り訪問させていただきました<m(__)m>
雪の中のカワセミ、こんな光景を私も期待して昨日は待ちましたが見事にふられてしました。
水面からの飛び出しもお見事ですね♪

どんな状況でもマツジュンと遭遇したら私も感激しちゃいます(笑)
kei* URL 2010年02月03日 09:08:04 編集
こんにちわ~
素敵に「雪の中のカワセミ」だと思います♪
カワセミの青が雪に映えますね。

マツジュンの車とぶつかったら・・・名刺かTELをゲットですね。^^
あくまでも軽い事故の場合ですが。^^;
マダム半世紀 URL 2010年02月03日 11:43:55 編集
t-hiraiさん
足元が悪い事を予想して長靴を履いていったのですが、
これが安物だった為か靴底が薄くて
足の裏から冷たさがビンビン伝わってきて大変でした。

やっぱりポカポカ陽気の方が良いですね。
motasuke URL 2010年02月03日 22:12:18 編集
kei*さん
こんばんは、初めまして。
あ、やっぱり雪カワセミを狙ったのですね。
私はもっぱらカワセミばかり追っていて、
替わり映えしない写真ばかりですが宜しければ気軽に遊びに来てくださいね。

生マツジュンなんて、そうそう出会えないですものね。
心臓バクバクしてしまうのでしょうね。
motasuke URL 2010年02月03日 22:17:24 編集
マダム半世紀さん
有難うございます。素直にお褒めの言葉と致します。

名刺とTELの両方じゃないんですか?
それが後に思えば運命的な出会いの始まりだったりしてね。
どうします?そうなったら。
他の人には教えないで、二人で会ったりしちゃうんでしょうか。
イカン、イカン。妄想が暴走してしまいますね。
motasuke URL 2010年02月03日 22:21:59 編集
雪カワ
こんばんは。
1枚目の空気感と色調が堪らんですな~。
とても冬らしい絵で好きですね~。(^○^)
こちらは、一応、撮れた程度ですよ。(T_T)
やはり、朝まで降ってもらいたかったですね。
次のチャンスに期待しましょう。
w_edge URL 2010年02月04日 17:51:01 編集
w_edgeさん
こんばんは。
何が一応、撮れた程度ですって?
あれだけのものを撮っておきながら…。
相変わらず目指しているところが高いですね~。

カワセミの出が悪くなければ、
どんなに寒くても我慢できそうです。
朝までと言わず、振り続けてもらっても、こちとら歓迎です。
ホント、次に期待しています。
motasuke URL 2010年02月04日 22:25:51 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。