スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

民主も自民も

民主党には本当に情けなくなってきたよ。
誰かが、恐怖政治ではないのか…と言ったように、小沢君に誰も物申さない体質って
一体どうなっているの?
総理の相変わらずの敬語はどちらが頭なのか分からないし、閣僚も自分の頭の上のハエ
を追うのに精一杯という名目で口を閉ざすし、若手や新人に至っては次の選挙での
支援方針転換が怖いのか皆ダンマリ。

そうかと言って今、民主党が駄目だと切り捨ててしまっては、前回の衆議院選挙の時に
多くの人が、自民党が駄目だから民主党に入れたのと同じ事の繰り返しになってしまう。
選挙で勝ったからと『国民の皆様に付託を頂き…』と何でもかんでも手前味噌に解釈され
たのではこちとらえらい迷惑な話だ。

今の自民党も情けない。仮に政治とカネの話を前面に立てて国会審議に応じない
ようならば、野党時代の民主党がとったやり方とまるで同じだ。代表質問を終えた後、
どのような国会運営をするのかにとても興味がある。

少なくともこれまでのところ、運営や言動は嘗ての与野党時代にそれぞれがとっていた
ものとまるで同じだ。今度は与野党の立場を変えてやっているだけにしか見えない。
まるでゲームの『泥棒と刑事』の攻守が切り替わったのと同じように、ハイ、今度は
立場を変えますが、それぞれの役回りで言動は決まっていますよ、という感じ。

政党政治や議会制民主主義ってさ、言葉だけ格好良く取り繕ってないですか?

一度民主党にやらせてみようか、と思ったのだから、どうでしょう一度、
国会議員は60歳定年って事で、若い人達だけに任せてみては。
それも現在の政党を全部解体し、党を超えて考えての近い者達で新しい枠組を作ってさ。


余りにも政治家が情けないので、日本の将来をとても憂いて居ますよ、オジサンは。



IMG_3125.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
2010年01月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う
コメント

管理者だけに表示する
«« 受験料 | HOME | 角度を変えて »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。