スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

帰国したあの人は…

昨日北朝鮮から帰国した女性がいましたね。
大丈夫なんでしょうか?

記者会見でのあの瞳の動き方はちょっと尋常ではない
雰囲気でしたね。

何かに怯えている、若しくは嘘をついているか、つかされている
印象を受けました。
人道的に何不自由なく生活できていたのなら、ああした挙動は
でないと思うんですけど。

仮に高級ホテルでの滞在であって、厚遇されていたのなら、
そうしたお金を北朝鮮国民の幸せの為に有意義に使って欲しいなぁ。

一部報道にはその費用、ざっと1600万円というじゃありませんか。
いずれにしてもおかしな話です。

出来る事なら、世界の人々が幸せでありますように。
コメント

管理者だけに表示する
トラックバック
日朝両国の審議官級による政府間対話が、実りある結果もなく日程終了。相変わらず、北朝鮮の“奇妙な強気”の姿勢が続いている。そもそも拉致は、“国家”による「誘拐」だ。犯罪であるからには、彼等はその罪を償うべきだ。そして償い方は、「生存かつ帰国させる」他ない。
Beach Park 浜村直之徒然日記 2005年11月05日 09:18:03

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。