スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

スプラッシュ!



ダイビングシーンを撮っていると、狙っているのはカワセミなのか水飛沫なのか分からなくなってくる。
上手くファインダーの中心で飛び込みを捉えられたとしても、水飛沫の強い光り方にピントが合うと
その後も飛び出したカワセミにはピントが行かずに、水に合っている事が多いような…。

いや、多分シャッターの切れた一枚目が水に合っていたら、カメラを振ったとしても水飛沫を
追う筈だよね。理屈から言えば多いのは当然かもしれない。

と言う事は、飛び込んだ水飛沫が上がっている時にはシャッターを切らずに、カワセミが水中から
姿を現した瞬間にシャッターを切れって事?そんな神業のような事は私には出来ません!

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
そうだよ、そんな事は不可能だという人も上のバナーをクリックして下さい。



ところで、スプラッシュと聞いて思い出される事と言えば、多くの人がディズニーリゾートにある
スプラッシュマウンテンではないでしょうか。今でもありますよね?近頃TDLには行っていないので
ちょっと自信がないですけど…。

その他には、ダリル・ハンナ主演の映画『スプラッシュ』でしょうか。
え?マイナー過ぎてご存知無い?
そうでしょう、そうでしょう。かれこれ20年以上も前の映画ですからね。
人魚が人間の青年に恋をするって話なんですが、所謂、『人魚姫』の実写版です。

ここでフト思ったんですが、近頃「20年前」というようなフレーズを多く使っている気がします。
つまり何かに関連して思い起こされるのが、学生時代の事が多く、それはまるで社会人になってからは
思い出になるような出来事が無く、毎日が同じ事の繰り返しになっているって事なんでしょうか。

そうだとするならば、ちょっと不味いですね。

楽しい何か、もっと探さなくちゃね。

毎朝、喘息の発作に悩まされていると、人生あと何年あるのか…なんて考えてしまうくらいだから、
出来るうちにやりたい事をやっておかねば。なんて事も頭をよぎったりするんですよ。

あれま、何か暗い話になってしまいましたね。
いかん、いかん。体を休める為にも、もう今日は寝ます。
おやすみなさい。

2009年12月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。