スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

AFについて



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
よろしければ上の「野鳥写真」というバナーをクリックして下さい。



カワセミを撮ってかれこれ一年半ぐらいだろうか、動きのあるシーンを捉えようとしてきたが、
カメラにお任せでは撮れないという事に結論付けました(一応現時点ではって事で)。

ニコンの方がキヤノンよりオートフォーカスの追従性が良いとか何とか言われていますが、
メーカーの性能差はあるにせよ、カワセミのように小さくて早い対象物を追えるセンサーな
んて、無いに違いない!

元々、ファインダー内のどれにピントを合わせようとしているのかカメラがどう判断するのか。
そう考えた場合、中央のフォーカスエリアなり特定のエリアで一枚目に撮ったものを基準と
しない限り、カメラの方だってどれを使用者が追従しようとしているのか分からない筈だ。

昔のフィルムカメラには目でどのフォーカスエリアを選択しているかをカメラが識別する機能が
あったが、現行のデジタルカメラに搭載されていない事を考えると思うような結果が得られ
なかったに違いない。

では、止まっているカワセミの飛び出しは一枚目に特定のエリアで捉えた後、追従すると
なると、飛び出そうとする兆候が現れたらシャッターをずーっと押し続けなければならくなって
しまい、イザと言う時にバッファ切れを起こす可能性もあるし、メモリーがいくらあっても
足りないという事になる。

そんな心配も、一枚目を捉えた被写体をカメラが識別し続ければの事であり、撮影者も
ファインダー内、それもフォーカスセンサーが働く範囲内にカワセミを捕らえ続けなければ
ならないという条件付だ。

こうして書いてきて今更ながら思うのだが、開発者はどういうアルゴリズムでプログラムを
組んでいるんでしょうね。
動体を追うとき、ファインダー内でセンサーが関知したものが、当然カメラを被写体を追おうと
振っていたら、全てのものが直前のデータに対して移動しているわけでしょ。その中で周りとは
違う速度で移動しているものを捉えようとしているものとして判断するのかな。

そうだとするなら、カメラマンがオートフォーカスが来ないとか、性能が悪いなんてそんな文句
を言う方が無理難題を押し付けているように思えてならない。
そりゃ追ってくれれば有り難いのは間違いないけれどね。

キヤノンで言えば7Dの19点フォーカスエリアも余りこれまでの機種と大差無いとか
これじゃ1D4もタカが知れてるとか何とか言われてますが、しっかり撮っている人は撮っている
わけで、そこはやっぱり腕なんでしょう。

そんな事を考えている今日この頃、雲台も大切だけど購入順序はやはり照準器の方を
早めにした方が、オートフォーカスの性能を引き出せるような気がして居ります。
そうだ、金額も照準器の方が圧倒的に安価で済むものね。

飛翔距離が長いようなシーンが予想される場合にはオートフォーカスにし、短い距離での
飛び込み等はマニュアルフォーカスで追い始め、飛び込んだ場所に合うようオートフォーカスを
起動させる。そんなやり方をしてますが、どうも思うような結果がでないのだ。

長文になりましたが、カワセミオタクはこんな事を考えてます。なーんの参考にもなりませんけどね。


2009年11月16日 | Comments(4) | Trackback(0) | カメラ
コメント
流石ですね~~~!
お話、参考になりましたよ~~~!
何時も失敗の連続。 今度お会いしたらソット教えてくださいね(笑い)
t-hirai URL 2009年11月17日 05:55:40 編集
t-hiraiさん
こんばんは。
頭で分かっていても結局出来ないのですから
お恥ずかしい話ですよね。

来週も火曜日の予報は雨ですね。
んー実践に勝る上達の近道は無いから何とか天気が良くなる事を願っています。

教えられるような事はありませんけど、
色々お話が出来ると良いですね。
motasuke URL 2009年11月17日 19:38:23 編集
難しいですよね
ドラえもんが居てくれて四次元ポケットからどんな時でもピントが必ず合うカメラを出してくれないかと
何時も思いながら撮影したりしています(笑)
私も飛び出しから追う時はMFで飛び込んだ後はAFで、motasukeさんと一緒です。
全て追うにはカメラ任せでは無理でしょうねぇ
でもMFで飛び出しから戻りまでしっかり追える人も居るのですから
努力すれば何とかなるのかな?と思いながらも最近は楽して飛び込んだ後からしか
撮影していない有り様ですが(苦笑)
やす URL 2009年11月19日 21:44:35 編集
やすさん
飛び出しから戻りまでをカバーするなんて夢のような話ですね。
照準器をついに発注したのですが、
機材に慣れるまで時間がかかりそうです。
近くで大きくカワセミを捕らえられるのならAFの性能いかんなのでしょうけど、
離れた場所では照準器であわせているるもりが
別の場所を一生懸命追っていたなんて事が暫く続きそうです。

努力すればなんとかなる…は私も同意見ですが、
高くて厚い壁にはじきかえされています(爆)。
motasuke URL 2009年11月20日 08:46:53 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。