スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

あなたの声が聞きたい


カワセミって、飛んで来る時に結構鳴きながらというケースが多いので、
待っている間は皆さん談笑したりしてます。鳴き声が聞こえてからスタンバイするわけさ。

ところがそれが必ずしもそうとばかりいかずに、黙って現れたりするからその時は大変。
カメラから離れた場所の木陰にいたり、椅子に座ってマッタリしていたら出遅れる事
間違いなし。

私も最初に出会った頃のカワセミは必ずと言っていいくらい、鳴きながら飛んできてくれて
いたので、そういうものだと思っていたのですが、今のフィールドの固体はだま~って
やってくる事も多いんだよね。

カメラマンの勝手なお願いですが、鳴きながら飛んで来てくれると助かるなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


続きはまたまた政治がらみ、国会の話。






実は今日のお題の「あなたの声が聞きたい」も、これが言いたいが為のこじつけでした。

車での移動中に国会中継をラジオで聞いていたのですが、相変わらずのせんせいがた
あきれた議会進行に嫌気がさしました。仮にも日本を動かそうとする会議の「代表質問」という
状況下で、未だ無くならない野次とも怒声とも区別の付かない叫び声や声援の応酬。

私は質疑応答を聴きたいんだから、外野は黙っててくれないかい!

野次は勿論不愉快だが、声援を送るのもなんだが学芸会の発表みたいで、子供じみている。
異論があるなら代表質問のできる人に代弁してもらいな。
声援を送りたいのなら後援会でやってくれ。
賛成・反対どちらの陣営も一部の人間なのだろうが、それこそ議員教育をしっかりしろよ。

と私が思ってもどうもこの国の国会運営は軌道修正しそうもないので、考えました。
超指向性マイクを国会に導入するのはどう?
発言者の声しか拾わないマイクがあれば、周りにいるスカポンタンな議員の声が国民の耳に
入る事も無く、国の行く末に思いを馳せる事ができるんじゃない?

あなたの声が…と言うよりも、国会では周りの声を遮断し、発言者の遣り取りを聞きたいんだ。

まぁ、諸外国では会議中に殴り合いにもなる事もあるくらいだが、何ももっと酷い状況に
比べてまだ日本はマシだなどとは決して思いたくない。

法廷侮辱罪があるんだから、議会侮辱罪とか何とか作ってさ、もっと粛々と会議を進めてよ、
ホント、お願いします。

2009年10月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント

管理者だけに表示する
«« twitter | HOME | ノスリ? »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。