スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

手記発行に反対

昼食をとっていた食堂のテレビから
「酒井容疑者が手記を出したいという申し出に対し、
出版社からは1億というオファーが出ている…」という話が聞こえてきたのだが、
私にはどいつもこいつも金の亡者にしか思えない。

どうしても謝罪したいというのなら、ブログでもホームページでも
作って公表すればいいだけだろうに。

違約金を払うための資金づくりというのなら、もっと他の方法をとるべきだ。
ゼロから出直すのなら、家財道具から何から全て出してからでしょ。
何年掛かろうが、地道に働いて得たお金で返すべきである。

その周りに群がる出版社は写真集と併せて…なんて、お前ら何考えてんだ。
芸能プロダクションも、形はどうであれお金になれば…と考えてるんかね。

彼等の一体誰が真剣に反省しているのか、そんな風土が薬物汚染を招いている
のだとは思わないのか?駄目だね、ありゃ。

コメント
No title
ほんと、私もそう思います。
ちょっと有名だからって、なんでも許されてしまうことや、特別扱いにする人たち・・・よく理解できません。
本人およびその周りにいる方々、もっと地についた生活しないと。
ycechevarri URL 2009年09月26日 09:35:05 編集
No title
覚醒剤、恐喝未遂の某シンガーでさえ
映画やテレビに復活できるんですから
何でもありですよ
あの業界は
こてやま君 URL 2009年09月26日 17:22:05 編集
ycechevarriさん
芸能関係ってその業界にいると、
とても狭い世界らしいですね。
会う人も限られてくるから、視野も狭くなるんだとか。

世の中の人が、こうした事件を起こした人に
興味を失えば金の亡者も寄り付かないのでしょうが、
ワイドショーの視聴者と同じで、
本や写真集を買う人がいるからおかしな考えになるんでしょうね。

私は絶対買いませんよ。
motasuke URL 2009年09月26日 22:22:31 編集
こてやま君
一体誰がそうした助け舟というか
悪の巣窟へ引き戻そうとするのか。
プロデューサーやら広告代理店やら
まぁ感覚が本当に間違ってますよね。

数字が出れば何でも有りっていうのも大嫌いです。
motasuke URL 2009年09月26日 22:27:08 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。