スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

不正経理の疑問

千葉県での不正経理が発覚したが、その内容に今一つ???な点が。

30億円の不正経理がみつかり、そのウチの7億円を実質的な被害とし、
県幹部に返還を求める…というのだが、それ以外の20数億円と言う額は
不正な処理だけど被害は無いって事?

これって被害は無いけど不正な処理ですね…という事ですか?
もともと税金なんだから、一般企業で言えば不正処理がみつかれば
追徴金を加算されて支払いを求められるよね。

成る程、千葉県では税務処理の間違いを指摘されても、指摘されるだけに
終わるって事だね。
さぁ皆で脱税しましょう!

なんて事になる筈がないでしょうに!

不正処理ですよ、と判明したって事は、それなりの裏づけが取れているんだから
残りの20数億円がどういうもので、今後どう処理されるのかが知りたい。

それに所轄の部署の96%で不正がなされていたというのに、記者会見に臨んだ
幹部の誰もこれまでのそうした事を知らなかったと言うのだがら、おかしいでしょう。
記者会見場には10人以上が同席していたけど、一人もいないというのだがら、
県全体の組織的な犯行、もしくはそれらをしてはいけない事だと言う認識が
全く無かったという、県民の非常識、県職員の常識ってヤツですか?

恐らく知っていたけど慣例だったから…というので知っていてもその場では
自己申告できなかったんでしょうね。

政権が変わって財源問題が取り沙汰されているが、こういうニュースを聞くにつけ、
一般人からみた『お上』には色々お金が眠っていそうだから、それを見つけ出せば
案ずるより産むが易し…なんて事になりそうだね。

いずれにしても千葉県民としては情けない話ですね。


コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。