スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

私オタクです

何かの拍子に『きっこのブログ』を久し振りに見る事になったmotasukeです。
相変わらず過激な表現で、多少受け取り方に難があるようにも感じるけど、
結構面白いよね。

そんなブログにインスパイアーされて、今回は私のオタク度をカミングアウト
しようかなぁなんて事が頭を過ぎったけれど、ただでさえ数少ない読者を
これ以上減らす勇気も無いので、止めておきます。

でもやっぱり乗りかかった船だから、ちょっと披露しませう。

私のオタクとは一体どの方向へ或いはどんなジャンルなのかというと
アニメオタクなのである。でもって部類はロボットアニメ系なのだが、
特にその映像の色合いに拘りがある。

ちなみに小さい声で言うけど、昨夜まで衛星放送のBS2でガンダム系の
特番を5夜連続で放送していたのを録画していたのは、私です。
チラ見したけど、んー初期のものはやはり色が古臭く感じてしまうね。

技術の進歩には舌を巻くね。同じ様に幼い頃のイメージで
『宇宙戦艦ヤマト』を見たときには、あれ?こんな色だったっけ?と少々困惑
したのを思い出したよ。

それじゃ、新しければいいのかと言うとそうでもなく、色の階調が良くないと
のっぺりとした色合いになってしまい、駄目だ。作る側は大変なのは分かるが
是非ともそこんところは時間をかけてもらいたい。

最近ではCGを組み込んだ作品も多いが、それもまたやり過ぎると興ざめだしね。
セル作成とCG作成ではどちらの方が時間を要するんだろうか。


とまぁ、こんなアニメの事を考えていると、どんどんのめり込んでいってしまいそうなの
で気をつけないといけない。

昨夜はGyaoで『ガンダムoo(ダブルオー)』を見たが、トランザムって何だ?
プレステのゲーム画面みたいな映像でしたけど…。




2009年08月03日 | Comments(4) | Trackback(0) | つれづれ
コメント
No title
物を見て感じるのはやはり色でしょうか?
暗い、明るい、綺麗、感じ方は色々あるでしょうが、ひとコマの画像の中に表現されるグラデーションに感嘆させられたりダメージを受けたり様々ですね!
最近のアート、年寄りにはついていけないことが多々あります。
あぁ~~~爽やかな夏を期待しているのですが!(笑い)

t-hirai URL 2009年08月03日 19:15:08 編集
t-hiraiさん
お早う御座います。
目に鮮やかな季節というと、新緑と紅葉の頃でしょうか。
夏というのは、どうもギラギラする日差しというイメージがあって
目に鮮やかとは少し違いますね。
とは言うものの、近頃は本当に夏なの?という日が続きます。
スカッとした夏空を期待しています!

気持ち良い~、という写真も撮りたいですね。
motasuke URL 2009年08月06日 08:37:18 編集
今もセル画って?
今もセル画ってあるんでしょうか?
私のいたスタジオは、ホント小さな個人経営の会社だったので、良くギリギリの飛び込み仕事が入ってきました。おかげで。。。第2シリーズは「ヤマト」も「明日のジョー」も「ガンダム」も色を塗った事があります。^^1~2度でしたが。
今もあの「彩色(サイシキ)」という職種は残っているのかしら?・・・って、アニメを見る度に思います。
多分、無いんだろうな~^^;

男子は「ガンダム」に行きますね~
私は女子(?)なのでもちろん「ガッチャマン」でした!(爆
マダム半世紀 URL 2009年08月07日 12:09:14 編集
マダム半世紀さん
ふ~む、マダムはそういうお仕事されていたんですね。
セル画という言葉とそれ自体はテレビ等で見かけますが、
それがどうやってアニメになるのか未だ良く分からない私ですv-406

お仕事の関係で、本物に携わっていたなんて、そりゃ素晴らしい~。
って、羨望の眼差しですよ。
多分今でもあるんじゃないのでしょうかね、セルって。

どうりで手先が器用な訳ですね。
日曜大工の仕事振りに間違いなく反映されていますよ。

ガッチャマンに普通に入り込んでいく女の子って
やっぱり主人公やジョーというキャラで引き込まれるんでしょう?
おチビちゃんや、太っちょさんじゃないのは間違いない!
motasuke URL 2009年08月08日 08:44:34 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。