スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ウォークマン使用感

さて、携帯音楽プレーヤーとして、ウォークマンSシリーズを使い始めての
使用感について書いてみよう。と言っても限定的な使用範囲内の事だが…。

個人的には、スピーカー付属タイプなのでその外部スピーカーの
音質だが、薄くて小さいので余り期待しない方が良いでしょう。
それでも小学生の娘は大満足ですけど。

基本的な音質で言えば、他の携帯音楽プレーヤーと同じで、
圧縮レートを選べるし、デフォルトの128kbsでCD音源から取り込んでも
満足なレベルではないでしょうか。

ただ私が携帯音楽プレーヤー初心者だからでしょうが、CDからウォークマンに
取り込むのに、一旦パソコンに『SonicStage』というソフトで取り込む作業をしてから、
USBケーブルに繋いだウォークマン本体に更に取り込むという流れは少々手間だと
感じました。

これはウォークマンに限らず、どの商品でもそうなのでしょうけれど、出来れば
パソコンは仲介したにしても、一度でCDから取り込めたら良いのになぁ、と思います。

あ、その前に最初に面食らったのが、取扱説明書に書いてある操作画面の図と
実際にパソコン画面に表示されるものが違うので、説明書通りの操作にはならない
という事ですかね。
まぁ、これも多くの商品がそうであるように、いくつかの機種に対して一種類の説明書
で済まそうと言うコストダウンの弊害だと諦めましょう。

それから不思議に思ったのが、取り込まれている音楽を削除する場合、
ウォークマン本体で『削除』の操作をしても、実際に削除されるのは、その後パソコンに
接続した時になるという事。リアルタイムで削除できた方がスッキリしますね。

本体の充電に要する時間ですが、短時間でフル充電できるので、この点は素晴らしいです。

小さな体(筐体)なのに数百曲も入るなんて、何て頑張りやさんなんでしょう。
総じて言えば、概ね及第点の商品、いや、大満足の商品ではないでしょうか。
2009年06月01日 | Comments(4) | Trackback(0) | つれづれ
コメント
デンスケ
中高の頃「カセットデンスケ」をかついで演奏会の生録やっていたことを思えば隔世の感がありますが…
(アァこうやって書いてても通じない世代が主流になっちゃったかもv-12

この手の携帯音楽プレーヤーは私もよくわからんのですが、例えば今ドキのミニコンポってUSB端子が付いてたりしますので、そこから直接…はできないのかなあ。
例えばSONY同士だったらダイレクトに繋げないのかしらん。
編集はキーボードがないから難しそうですが。

AUDIO的見地から言わせてもらうと、回転するCDから直接DIGITAL DATAを録音するより、一度PCに入れてからのほうが大抵は良い音になります。

motaさんがANALOG TAPE時代の「ワウフラ」という言葉を知っていれば、だけど、そのワウフラ(音がモーターや駆動系の回転ムラで伸びたり縮んだりする)に相当する、ジッターといういわば「DIGITAL時代のワウフラ」が、一度パソコンに取り込んでから送り出すと、パソコンの中に入っている基準周波数の水晶の精度で直接制御されるので、CDを回しながら録音するよりジッターが少なくなるんです。

ま、音的にはパソコンという余計な回路通るし、パソコンの中のコンデンサーなんてスゴイ安物だから音が悪くなる要素のほうがやたら大きいんですが、時間軸制御はそれらの阻害要因を超越しますね。

次は「サウンドカード」を何かイイのをパソコンに挿し込んでやればもっとイイ音になりますよ。

話が専門的になりすぎましたごめんなさいね~。
sigma URL 2009年06月02日 14:04:40 編集
sigmaさん
ワウフラッターなら、言葉は覚えておりまする。
ただ、何を意味していたのかは、今回の説明を聞くまで分からなかったv-388

成る程ね、自分は操作性からダイレクトに録音できたら
いいなぁなんて思ってましたが、音質はその方が言いとsigmaさんが
仰るならそれで納得します。
でも、納得できないのが、sonyのソフトで取り込んだものは、
その保管場所を突き止めてファイル指定しても
iTuneでは再生できないのね。
恐らく普通にCDをパソコンにデータとして取り込んだものなら
どちらのソフトでもファイルとして取り込めて、再生できるはず。
オーディオファイルという規格では同じ分類なのに
再生できないのは、やっぱり各陣営の思惑って事ですかね。
motasuke URL 2009年06月03日 21:46:43 編集
各社互換性ないのよね
motaさん>
>恐らく普通にCDをパソコンにデータとして取り込んだものなら
>どちらのソフトでもファイルとして取り込めて、再生できるはず。

おっしゃる通りで、CDなら基本は「mpeg2」という圧縮規格を
ベースにしている筈なのよね。
そこに各社が(ユーザー側から見れば勝手に)それぞれの会社の
独自性(彼らに言わせれば+αの付加価値)を付け加えて互換性
のないものにしちゃってるんですね。

この前、勤務先で某エライ先生が現場を見たいというのでご指導会
やって、OLYMPUSのICレコーダーを総務から借りて喋った内容を
録音、sigmaがTAPE起し(ん?DATA起しか?)やったのだけど、
このOLYMPUSがまた独自規格で専用再生SOFTをパソコンに
インストールしないと再生できないのです。
Windows付属のメディアプレイヤーとかQuickTimeじゃ音声になら
ないのね。

メーカーが簡易再生SOFTはホームページに置いてあるんだけど
細かい音声再生してくれないので、探しまくって正規版拾ってきま
した。(本体付属のCDは以前借りた人がなくしちゃったとのことで)

motaさんの言うとおりで、なんとかならんもんかね。
まったく。
sigma URL 2009年06月05日 08:45:39 編集
sigmaさん
テープ起しなんて、何と懐かしい響きか。
会議の議事録作成なんてやっていた時を思い出しました。
メールは携帯が読んでくれる機能があるけど、
音声入力の発達はまだまだって感じだものね。
手入力だから、聞き取れない時なんか、想像で入力しちゃうもんな。

音楽ファイルだけど、元データは元データで
手を加えないものをフォルダ化しておいて、
関連付けで操作するソフトを設定してくれないかな。
画像ファイルのjpegみたいに、どれでも
開けるようにしてくれないと、
取り込んだファイルなのに聞けないなんて、
それぞれのソフト用にまた取り込む話となり、有り得ないでしょ。

調べればエンコーダーがフリーソフトであるのかもね。
motasuke URL 2009年06月06日 08:50:16 編集

管理者だけに表示する
«« 1Q84 | HOME | ウォークマン »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。