スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

父親ってそんなもんか



先日、外の空気を吸いたいという妻と、ちょっと気分の落ち込んでいた末娘を連れ、
気分転換にと思い、公園へ一緒に出かけた。

彼女達がベンチに腰かけてファーストフードを食べている間、私は少し離れた池のほとりで
馬鹿の一つ覚えのようにカワセミ撮影。

その日は短時間であった事もあるのだが、カワセミは一向に姿を現さず、代わりに
人から餌をもらう事に慣れている感じのガチョウが傍にやって来た。
周りには私の他には誰もいなかったので、私が餌をやらなければ愛想を振りまいた
ガチョウの行為が無駄になるのが可愛そうになり、食べていたハンバーガーの
パンの部分をちぎっては投げ与えた。

撮影の成果が得られないまま、妻達のところへ戻ったのだが、
私が生き物に餌を与えるなどという事は、彼女達にしてみれば予想外だったらしい。
「パパがエサをあげるなんて…えええぇぇぇぇ!?」なんて盛り上がったそうだ。

はあ?彼女達が私に持っているイメージとは一体どんなもんなんでしょうか。
冷酷無比で生き物などには感心が無さそうなんだろうか。

いかん、いかん。
生き物を愛する気持ちだって持ち合わせているって事を伝えないとね。
堅物のイメージってどの辺から直して行けばいいのかなぁ。
ニュース番組で鋭い突っ込みをいれているのがいけないのかもな。
辛口批評もそこそこにしようっと。

2009年04月26日 | Comments(2) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント
あひゃひゃひゃ
ワロタ。
普段、食卓で「カワセミの写真撮るのに餌付けは邪道だ!」とかのたもうてませんか(^O^)
それでガチョウに餌あげてたらねえ…

私は家だと猫と金魚と亀に餌やってますよん。
sigma URL 2009年04月28日 01:44:49 編集
sigmaさん
ありゃりゃ、私の言葉が足りませんでした。
細かく言うとですね、私が困っていた餌付けは『仕掛け』を作って
ピンポイントにカワセミを飛び込ませ、それを置きピンで撮影する行為なのです。
今回のガチョウさんには、ほぅらよってな具合に、お腹を空かせている可哀想な鳥に餌をあげていただけです。決して特定の場所におびき寄せていたのではありません。
撮影する為と、鳥を思う気持ちから餌をあげるのでは、ホラ、天と地程も違うでしょう?

パンをあげるつもりが無かったのに、他にだーれも居ない池で近くまで来て、物欲しげにされたのでは、人情味溢れる私には無視などできませんから。え?その人情味が家族には伝わっていないから招いた話ですって?
motasuke URL 2009年04月29日 10:04:39 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。