スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

羽の角度

ヘェ、motasukeでやんす。

このところ一週間以上もの間、朝4時半くらいに起きては仕事前にカワセミ撮影に
出かけています。
そこでこんな写真や


こんな写真を撮っているのですが、

IMG_4782.jpg

飛んでいる写真のポイントは羽の広がり方、つまり角度なんではないでしょうか。
あ、本当はピントが合っていないと駄目なのですが、ピン甘でも勘弁してね。

しかし、今日お話させていただいたS氏の話に依れば、アジサシという鳥はオスがメスに餌を
与える時に、羽をVの字に広げて綺麗だとか。あれれ?という事は、飛んでいない時でも
羽の角度って『美しい』ポイントになるって事ですね。

自分で書き出しておいて論点がずれるのも変な話ですが、どうせ頭の中で整理してから
書いているブログではないので、こんなモンです。

やっぱり鍛えるべきだよ、日本語力。文科省の皆さん、そこんところ宜しくお願いします。
私の文章が変なのは、文章力の無さによるところで、それは読書をしなかったからに
違いないんだな。(今頃ですが、流行に合わせて『三国志』なんぞ買いました)

以前書いた『フレー、フレー』に載せた写真もそうだが、羽を広げている姿って結構様になるよな。
あの時も確かカワセミは枝に止まっていたものな。

結論、羽を広げた姿は美しい!






ああそれなのに。


最後の写真はこれだ。




IMG_4571.jpg



2009年04月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。