スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

まず一勝

娘の高校受験、その併願校の入試が先週の土曜日に有り、
結果発表のあった本日、無事に合格と相成りまして、本命を前にプチ祝勝会を開催。

中学3年間を吹奏楽の部活に打ち込んできた為、受験勉強に取り掛かるように
なったのは昨年の11月の事。学校の授業や定期試験とは全く異質の模試や入試問題
には不慣れな娘。自分にも経験があるが、学校の勉強だけでは入試には太刀打ちできない
為、思うようにはかどらない勉強に不安も覚えたに違いない娘。

試験当日、帰ってきた娘には、試験の出来など聞けたものではなかった。
それとなく試験の手応えなど聞きたくても、本人が余り触れられたくなかった様子だった
ので、私としては内心心配ではあったのだ。

その事を今夜「あの日は試験の結果なんて聞いて欲しくなかった感じだったものな」と
食事をしながらすると、「あの時は聞いて欲しくなかった」との事。
本人の出来としては今一つだったらしく、国語・数学・英語のどれが自分としては
出来たのか、何を聞いても「分らない…」といった具合。
性格的なものとは言え、そんな事を言われたこちらはもっと分らないじゃないか。

まぁこれで一度入試というものも経験したし、浪人にはならずに済む事は確定したので
約二週間後の公立校の入試も頑張ってくれよ!
今夜は「良かったね。おめでとう。」と何度も握手した手を振った私。
娘はちょっと面食らっていたが、お守りも買って渡した父は結構心配していたんだよ。

自分が受験するよりも疲れるもんだね。
いやいや、本当に良かった。よく頑張りました、おめでとう!



2009年01月19日 | Comments(10) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント
おめでとうございます♪
長女さん、併願合格、おめでとうございます!
これで、本命にも余裕を持って、挑戦できますね!

カワセミさんも拍手の写真ですね!ウマイ♪
そして、出来れば、本命にも「桜咲く」を願う親心。
結果までは上手く、隠してね!^^
マダム半世紀 URL 2009年01月20日 01:54:48 編集
おめでとうございます
そっか~やっぱ併願でも聞いて欲しくなかったのか
自信なんてやっぱり分かんないんですもんね。
私はどうだったの?ってしつこく聞いちゃったわ。
受かったから良かったけど、もし不合格だったら追い詰めてたってことね。
思い遣り足りなかったわ^^;

良かったですね。合格したなら次への自信に繋がりますもんね。
気持ち的にも少しは楽になったかな?
本番へむけて頑張ってくださいね。
シュナまま URL 2009年01月20日 13:00:35 編集
おめでとうございます
一つでも受かっていれば心に余裕が出来ますもんね。
公立も受かることを祈っております。
(親の立場からも、ネ)

本人行きたいところに行くのが一番ですよん。
私はウチから一番近かったのがあの高校だったし(最寄の駅より高校のほうが近い)、あそこで吹奏楽やりたかったので。
sigma URL 2009年01月21日 01:34:12 編集
やった~!娘ちゃん。
これで本命にも、自信もってチャレンジですね。

なんだか自分の高校受験を思い出してしまいました。
どう背伸びしても受からない第一希望の高校は、見事失敗。
(親はどうしても受かって欲しくなかった、高額な私立)
どうでもよかった第三希望の高校は、いとも簡単に合格。
そして、第二希望のちょっとドキドキの公立高校には、滑り込みセーフ。
(親がどうしても受かって欲しかった、近所の公立)

世の中そんな風に出来てるんですよね~と今思う私です。
ycechevarri URL 2009年01月21日 19:09:09 編集
マダム半世紀さん
有難うございます。
やれやれといった感じです。
プレッシャーにならないようにとは思っていますが、
お守りは本人に渡してまして、受験当日も持って行っていました。
持って行ってくれただけでも、私の気持ちを察してくれているような
試験に対する不安を垣間見たような、複雑な気持ちでした。

motasuke URL 2009年01月21日 20:03:57 編集
シュナままさん
有難うございます。
まぁ長女の場合、性格がのんびりしていると言うか
おっとり型と言うか、これまでも何かあった時に「どうだった?」と聞くと
大抵は「ん~わかんない」という反応が殆どですから、
聞いたとしても返って来る言葉はいつもと同じでしたでしょうね。
だったら聞かなくても同じだから、そっとしておいても同じだなぁ、と。

この時期になって、妻は英単語や熟語の小振りのテキストを
買ってきてました。ぺラッと見た感じでは、中々良さそうな内容でしたが
それだったらもっと早ければ尚いいのになぁ…なんて思ったりもして。
親子で、ロケットで言えば第二エンジンに点火!ってな感じですね。
motasuke URL 2009年01月21日 20:12:33 編集
SIGMAさん
その受験校ですけどね、本命と今回の2校しか受けないんですよ。
はぁ?って感じでしょ?
それだから、私としては併願校がダメだったらどうだったのかと思い、
裏を返せば学校側としては、確実に受かる学校を勧めたはずなんですよね。
それでも結果が出るまでは心配でしたけどね。兎に角試験というのにまるで慣れてないからさ。

SIGMAさんは近いのと吹奏楽がやりたくて、あそこを受けたのね。
私は父親が母校だったらか昔から行けと言われていたのです。
中学生時代は素直に親の言う事に従っていたって事さ。
motasuke URL 2009年01月21日 20:21:04 編集
ycechevarriさん
有難うございます。
自信が出たのかどうかは、さっぱり要領を得ない娘でして…。
そのマイペース振りと言ったら、あぁやっぱり我が子なのか、と思うくらいです。

進路を決めるいわゆる受験校選びの時は、
私達の頃とは学校のレベルが結構違っていて、
30年前では???だった学校が今では進学校だったりしていて、
過去しかしらない親が口を挟みたいのに挟めない。そんな有様。
しっかり尻を叩いて、もっと上の学校を目指せるのに…と思うのは
親バカなんでしょうね。その一方でギリギリ入った学校では
その後が大変だし、大学を目指したと思うなら高校へ入ってからでも
真面目に勉強すれば何とかなるかなぁ、なんてノンビリ考えてしまい、
親としての責任を放棄しているのかも…と少し反省もしてます。
幸せな人生は学校の良し悪しじゃない、と言い切れない自分が情けないです。
motasuke URL 2009年01月21日 20:33:51 編集
も少しネタ引っ張ろ^^;
私の併願私立はちょうど出来た新設2校。
最近野球が強くて有名になっている、市内のもうちょっと南の、温泉がそばにある高校とさらにもう少し南の、隣の市に入ってすぐ、次に準急が止まる駅のとこね。
担任の先生は「1つ目は鉄板だけど2つ目はDATA不足でわから~ん、私立2校とも新設はヤメテくれ~」と泣いてましたが。
理由?
家から自転車で通える範囲ですよ。(爆笑
1つ目の高校は入試の成績順に10人特待生にしてくれる、つー話だったんだけど合格通知貰ったら市内で教員やっていた親父調査で11番目、「あんなとこ受けて10番目にも入れないのか!」と火を吹いて怒ってましたな。

>私は父親が母校だったらか昔から行けと言われていたのです。
あれ言ってなかったっけ?ウチもそこは同じですよ。
二言目には「お前はわざわざあの駅から電車に乗って遠い高校に通いたいか?」って物心ついた頃から脅かされっぱなしでしたよ~。
ま、お互い受かって良かったよね。
ちなみに私らのときのあの高校の倍率は応募倍率1.44倍、当日の欠席者や試験辞退者除いて実質倍率1.38倍でした。
sigma URL 2009年01月21日 21:18:11 編集
SIGMAさん
SIGMAさんのところは、家族揃って教員(先生を含めて)だもんねぇ。
やっぱり見る目が厳しくなってしまうのも仕方が無かったんでしょう。
でも11番目なのに激怒されてしまうなんて、いやぁ心中お察しします。
教育虎の穴?とでも言うんでしょうか。

でもさ、自分の母校に子供を行かせたいって思うのは当時の流行だったの?
今でもそうなのかなぁ…、自分にはそういう意識全く無いんだよね。
倍率1.38倍ね、まぁ殆ど受かるってレベルなのかね、この数字は。
どんぐりの背比べみたいな状況ならこれもまた結構きついかもね。
今だからノンビリ言える数字なのかもよ。
motasuke URL 2009年01月25日 21:33:05 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。