スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ダークサイド



また中学生のいじめを苦にした自殺者が出てしまった。
昔はいじめと言えば『ワル』がしていたものだが、近頃では知能犯とでも言うべきか
所謂『出来の良い子』に依るものも増えているとか。

いじめる側も結局のところストレスから、その捌け口として誰かをターゲットにしてしまう
というケースも考えられるのではないだろうか。

大人の世界でもストレスから鬱になったりする人が増えている。

つまり社会全体が行き場を失っていて、病んでいるんだ。

スポンサーサイト
2012年09月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育

何か近いかも


近頃じゃ珍しいくらいの近さで撮れました。
あ、これくらいならこれだけ解像するのね。
勿論これでもトリミングしてますけど。

さて、近いと言えばお隣、中国。
反日デモ参加者に行政がお金を出していたとは…これが本当なら、とんでもない国だ。
裏で糸を引くぐらいは容易に想像できたが、そこまでするとは。

そこまでされるのに、近隣の友好国であろうとする意味があるのか?
割り切ったビジネスのみの付き合いで良いんじゃないのか。
尤も世界のビジネスマンも端からそんな考えじゃないのかね。
大きな市場を持つエリア、そんな認識で十分。
腹黒でゴー!

円借款、返せよな!

2012年09月20日 | Comments(2) | Trackback(0) | 自然・環境

翼~って気がする



今週は思い切って撮影フィールドを変えてみました。
そして漸く巡り会えた、羽の揃っているカワセミ。
飛ぶ姿も美しい~。

とは言っても、その日もハラハラ・ドキドキ。
何せ6時にフィールドに着くも誰一人カメラマンの姿はありませんでした。
あぁここも駄目なのか…と思っていたら追い討ちをかけるように突然の雨。

そう、その日は天気が急変するという予報で、私も5時の起床時には空模様が怪しい為
撮影に出かけるかどうか迷ったのも事実です。

降り出した雨が通り雨であることを祈りながら木の下へ避難。
カメラもレンズも防滴なので少しくらいなら大丈夫、と天候回復を祈りながら
タオルで機材に落ちる雨を拭った。

その後も晴れたかと思えば急に雨が落ちてきたりの繰り返し。
カメラマンも様子を覗きに来ては直ぐ帰る人がチラホラいる程度。

朝お会いした地元の常連さんの話ではここも出が悪くなっていたそうだが、
幸いにもこの日は粘り勝ちとでも言うべきか、午後までに結構なパフォーマンスを
見せてくれた。

だが惜しむらくは背景の悪い場所へ飛び込むことが多かったのと、
実線から離れていたためか感覚が全くカワセミの動きに付いていけずに
ワンテンポ遅れた場面を捉えることが殆どだった。

でもまぁフィールドも変えて何とか写欲も出てきたので、次回はもう少し
『らしい』水絡みを撮ってみたいものだ。行動パターンも分かった事だしね。



2012年09月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境

ボロボロ


こんなにもボロボロの羽でよく飛べるものですね。
と書くとカワセミへの敬意が足りないとお叱りを受けそうです。

でもやはりここまで痛々しい姿の固体も珍しいと思います。
それでいてまだ若い固体を追い飛ばしているのですから、見上げたものです。

2012年09月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境

学校だよりに関して

先日ビール系アルコールを飲んでいたら妻が急に話し出した。

「近頃学校からの配布物がおかしい」と。

内容が右寄りだとか、日教組がどうのこうのという訳ではなく、
内容がこなれていなく、記載漏れや間違いが目立ち、校正を誰がやっているのか。
というもの。

いや〜私も文才が無いので、この内容を書くのも甚だおこがましいのですが、
まぁ自己弁護するならブログなんてただの日記で気楽に書き綴っているだけ
なので、多めに見てくださいませ。

話を戻し、配布物の件。
冠が学校になっているのだから、もう少しビシッとしたものを出して欲しいそうだ。
知人のメールや井戸端会議での噂話程度なら仕方ないにしても、対外的に発行している
自覚が足りないそうだ(いや〜手厳しい)。

近頃…ということから分かるように、何も昨日今日目に付くようになったのではなく、
ここ数年来こうした傾向にあるらしい。

学校の先生も過酷なスケジュールのなか、発行物に余り時間を割けないのでは?とも
私個人としては思うのだが、内容の不備な点を聞いてみれば、非難を浴びても致し方ない
内容でもある。

生徒活動の報告のなかでは運動部系、それもメジャーであったり過去戦績を残した種目は
毎回報告されるが、そうでないものは何度も他の種目を上回る成績を残しても報告から
とりこぼされる。生徒の名前の漢字を間違えても失礼なのに、全く別人が記載されている
事もある。

余り同じ間違えを繰り返すので、作成する先生或いはその担当に報告する担任の先生の
確信的行動か?なんてすら思えるそうだ。

親はいざ知らず、子供本人はこうした事で傷ついている…とまぁいう内容だ。


なる程、余り褒められた状況ではないようだな。
そうかと言って、それを学校側に伝える方法を間違えるとモンスター・ペアレンツ扱い
されてしまう恐れもあるので、なかなかどう行動すれば良いのか分からないそうだ。


少し前のニュースに『教育現場のレベルを上げるために、教職を取るには大学院まで勉強して…』
というような内容のものがあった気がしたが、いやいやそういう点数とか単位を取得すれば
という発想が間違っていると思うんだよな。文部科学省。

下手な報告書提出義務なんて負わせるから、細かいところに目を配る時間が減ってしまっている
のではないだろうか。管理しようとした結果先生達を余計なところで疲弊させてはいませんか?

意図的ではないにせよ、そうした子供達を傷つける結果になっていることに気がつないのだから
何か事件が起こるたびに呪文のように出てくる『そのような状況とは認識してません』とか
『いじめの事実は確認されません』なんて口から出てくるんじゃないだろうか。

尤もこうした配布物は事務方を任されている先生が作成し、教頭先生辺りが目を通している
のだろうから、チェックする責任は教頭先生あたりにあると思われる。
という事は、近年の問題は教頭先生の力不足という事か?

いずれにせよ、もう少しチェックしてから発行してもらいたいものだ。
そうじゃないと、仕事で疲れた私が家で苦情聞き役となってしまい、のんびりできなじゃないか(爆)

2012年09月08日 | Comments(4) | Trackback(0) | 家族・教育

ドッグ(?)ファイト



A69Z6699.jpg

A69Z6700.jpg

折角若鳥がフィールドに現れたと思ったら、追い出されちゃった(涙)。

ところで、もし完全に追いついてしまったら嘴で突いたりするんだろうか。
向き合っているなら嘴同士で戦うシーンは見た事があるが、こういう場合はどうなるんだろう。
威嚇はしても実行には移らないのかなぁ。





2012年09月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境

行政拘留処分?

中国で丹羽大使が乗った公用車が強制的に停車させられ、日本の国旗が奪われた事件。
犯人は行政拘留処分で5日間拘留され、刑事処分は無いとの事。
外国大使の公用車を襲っておいて、それは無いだろ。

こんな点からも中国は国の体だけは大きいが国際的にはまだまだ未熟そのものだ。
お粗末な内政なのに国際社会であれだけノウノウと発言を繰り返すのは止めてくれ。

中国人全てが悪いとは言わない。
政府や社会組織、一部のネットで煽動している奴等が始末に負えない。

2012年09月05日 | Comments(2) | Trackback(0) | ちょっと疑問
 | HOME | 

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。