スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

一家で仲良く




家族で自転車でのお出掛け。
同じお出掛けでも、車を使うよりも自転車の方がほのぼのとしている。

こういうのをポタリングというのかは知らないが、
自転車もわるくない。

今日は眠いのでもう寝ます。おやすみなさい。

スポンサーサイト
2008年01月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育

テンプレート変更で

久し振りにテンプレートを変更しましたが、一つだけお知らせがあります。
コメントを頂く際には、記事下部にあるコメントの後にある数字の部分をクリックして下さい。コメントの表示部分にカーソルを持っていってクリックしてもコメント欄へは移行しません。
これ以外の仕様は気に入っているんですけど…暫く様子をみます。


31日 0:15 何とか修正できたはずです。他のHTMLシートと比較しながら
        悪戦苦闘すること数十分。あぁ疲れた。


2008年01月30日 | Comments(6) | Trackback(0) | モバイルから

暫定税率のゆくえ

与党が議員立法で、3月末に期限切れになる暫定税率の2ヶ月延長を
求める法案を提出するらしいのだが、何とも中途半端な心意気じゃ
ありませんか。

世論は勿論、税金が安くなるならと暫定税率廃止には賛成するのが
大勢を占めるのが判っているからという気がする。

ねじれている国会の勢力図から考えれば、野党に真っ向勝負に出られ
ないし、そうかと言って与党の道路族・建設族を含めた利権を手放す
訳にもいかない…という理由も見え隠れする。

しかし、今現在もそうだが、どうして年度末になると道路工事があちこち
で行われるのだろうか。国道の両車線を僅かの距離しかおかずに工事を
するものだから、近頃渋滞が起きてしまって、思う様な移動時間で済まない。

そうした無駄な工事を無くせば、道路特定財源としての暫定税率など
左程必要ではなくなるのではないだろうか。

年度末になると不要と思われる工事があちこちで行われるのは、皆知っている事だ。
つまり、国民がおかしいと思っている工事が長らく行われてきている事に
他ならない。

それなのに、今でも道路を作る必要があるからナントカと言いながら膨大な
予算を計上しているのは納得がいかない。国民をバカにするのもいいかげんにしろ!

一度税金を下げた後にまた上げたら批判される…とかナントカ言っている
らしいが、どうして無駄に使われている部分を削ると言う発想が出てこないのか
不思議でならない。構造改革はどこへいってしまったのか。

○○さんの旦那さんと呼んでくれい

時は流れ、立場が逆転してしまった。
私はキッチンで皿を洗い、妻は役員会議に…。
洗い物の後は子供たちの明日の準備をしなければ…
…………………………………………………………(2008年某月某日)

とまぁ、こんな日が来るのもそう先の事ではなくなってしまった。
私はここ数年とは比べ物にならないくらい家にいる事が多くなり、逆に妻は
小学校のPTAの本部役員やテニス、ピアノと子供達に合わせて出掛ける
用事が多くなってきたいたところへ更に用事が増えました。

何と!妻が来年度、小学校のPTAの副会長になってしまうのだ。
ヒョエ~~

2008年01月28日 | Comments(2) | Trackback(0) | 家族・教育

サンマ危うし

農林水産省の報告書に拠れば、地球温暖化の影響で百年後には日本近海では
サンマが獲れなくなるらしい。

以前、ミナミマグロが危ないという内容をアップしたけれど、あれは高級魚。
そして今度は庶民の味方でもあり、食卓にもちょくちょく出てくるサンマだ。
高級魚ならウチなんか日頃から食べられる事なんて限られているから、そう
困った問題にはならないが、サンマとなるとこれは痛いね。

原因はやはり地球温暖化らしいけれど、海水の温度が一度上昇するのって、
気温で言うと10度の上昇と同じ事らしいんだよね。それを知らなかった時
には、一度の海水温度の変化なんて大した事ないじゃないのとタカを括って
いた。

海水温度の上昇って事は、百年後の日本の食卓には、熱帯魚が並ぶのか?
なんかグロっぽいので、想像したくないな。

福田総理はダボス会議で温暖化防止を訴えるらしいけれど、狂い始めた
生態系の変化を止めるのは容易くはないでしょう。
ここは一つ、いつもの他人事の様な発言の態度ではなく、ガツンと世界の
リーダーシップをとって貰いたいなぁ。

一昨日食べたサンマは美味しかったな。あれが食べられなくなるなんて…
子供の頃なら魚が食べられなくなっても困る事はなかったでしょう。
でも今じゃ健康の為にも魚は大切な食材だよ。


2008年01月26日 | Comments(2) | Trackback(0) | 食べ物

あの頃ボクは




あの頃ボクは何を想っていたんだろう…


あ、いや、これは私ではなく、ウチの子供と甥っ子達です
子供なのに、背中で何かを語っているようで…



追記 4年以上も前の写真です
2008年01月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育

警官に告ぐ

先週の頭、つまり月曜日に取引先の車両がいたづらに遭い、被害届けを出す
お手伝いをウチの会社が行った。これは被害に遭った取引先の事を考えれば
ごく普通の事だ。この被害届の提出先は勿論警察になる。

私が携わったのは、現状復帰のお手伝いをした為、当時の状況を良く掴んで
いると警察が思ったのだ。それはごく自然な成り行きとも言える。

しかし、ここからが問題である。

数日前、私服警官2が名会社に現れ、当時の状況等の参考意見を聴き取りに来た。
「警察の者ですが」とバッジらしきものをチラリ。
心の中で、一体何でしょうか?という思いと、そんなに一瞬じゃ成りすまし
警官なんて誰にでもなれるなぁと思った。
チラリと見せた警官は、こちらが仕事中だというのに、自分の用件を一方的に
話し始めた。

「あのぅ…いま作業中なんで少し待てないものかね」と心の中でつぶやく私。

別の者へ聞いてくれ、と事務所を案内するも、結局一番分かっている私にまた
話を聞きたいとやって来た。それもウチの社員が。

人に話を聞きたいのなら、自分で来いよ。と思いながら、警官の待つ場所へ
向かった。
私、開口一番「あのー忙しいんですけど、今じゃなきゃ駄目なんですか?」

一通り説明と所見を述べたが、これだけで話は終わらなかった。
後日、被害額の算出に当たり、内容確認の電話が数度に渡り、毎回急ぎでの
対応を迫られた。事務所に来ては、事務員の仕事を邪魔するかのような急かし
方すらしたという。

兎に角、来る早々、自分の用件を最優先に対応するのが市民の義務だとでも
言わんばかりの急かし方。こちらが少し待って下さいと言うと、何で待たされる
のかと納得いかない様子。

こうした態度は改めるべきじゃないですかね。協力者なんですよ、こちらは。
警察も多くの事件を多分抱えていて、忙しいんでしょう。
でも、何も悪さをしていない、捜査協力をお願いする市民に対する態度は
もう少し低姿勢であるべきだと思いますよ。

私が欲しいのは、警官ではなく、身近な『おまわりさん』だ。



ちょっと言い過ぎたかもしれない。彼らも職務をまっとうしようとしている
だけなんでしょう。
    ・
    ・
    ・

今更のフォローじゃ意味ないですか?

2008年01月24日 | Comments(2) | Trackback(0) | ちょっと疑問

ロウバイ

こんばんは、motaです。
昨日、市内にある『花ファンタジア』というフラワーガーデンに行ってきました。
初めて入園したんだけど、冬に一体どんな花が咲いているのかと興味津々…
と言ったら嘘でしょうか。冬だからそんなに花はないだろうなぁとは思っていたけれど、
ロウバイというのが咲いていました。

花はだいたい2センチくらいの小さなものですが、可愛らしい花ですね。




roubai1


梅の一種かと思いきや、ロウバイ科ロウバイ属というもの。
この時期に花を咲かせているので、冬の寒空の下、健気に見えます。

昨日アップした寒牡丹とは、その花の大きさは比べものになりませんが
このロウバイにも『華』があると思います。
寒かった所為か、少し元気が無いようにも見えるけれど、どうなんでしょ?
2008年01月23日 | Comments(2) | Trackback(0) | 自然・環境

気になるシャッター音



こんばんは、motaです。
今日は久々にマクロレンズを使ったけれど、手持ちでのマクロレンズ使用は
結構シンドイですね。

最近、使用機のCanon KissdigiNのシャッターを切ったときの音が気になりだし、
それならば最近発売された40Dはどうなのかと思い、カメラ屋にもよりました。

まずNikonのD300を試しにシャッターをきってみましたが、どうもしっくり来ない。
それならばと40Dにしてみたら、な、な、なんじゃらほい!というくらい拍子抜けな
カタン、とも、パコン、ともとれるような妙な音がするじゃやありませんか。

この音でキスデジからグレードアップしようという気持ちに歯止めがかかり、
ある意味内心ホットしたのも事実です。
よくありがちな、今ある物も使いこなせないのに、ハード面だけ先走っても良い
写真はとれるはずないからね。

IMG_2823.jpg

この前聞いたNikonのF5のシャッター音が耳から離れず、やはりシャッター音は
フィルム一眼レフにはかなわないのかと、何の根拠も無く勝手に思い込んでます。

弘法筆を選ばず、の精神でいければ何の問題も迷いもないのだけれど、腕が無いから
ついついハードへ目が向いてしまうのだろうね。
趣味の世界なんて、理屈じゃないとは改めて思い知る事にもなるんだけど…。

しかしなんですね、Canonさん、もう少しシャッター音を気持ち良く押せるものに
しては頂けませんでしょうか?

2008年01月22日 | Comments(6) | Trackback(0) | つれづれ

あの犬はきっと

今日会社の前を掃除していたら、散歩途中のレトリバーが私に近づいてきた。
飼い主さんは私より先輩の女性だったので、犬に引っ張られるように飼主さん
も近づいてきた。

バツが悪いといけない、と何故かとっさに思ったから、「お早う御座います」
と挨拶をしたのだけれど、犬の方はどんどん私に近づいて来たと思ったら、
吠えもせずに私の足元に嬉しそうに座ったのには驚いたよ。

こうなると掃除の手を休め、口から喉の辺りをヨシヨシって感じで撫でてあげ
たのだが、この犬、面白い事に私と同じ方を向いて座ってしまったのです。

何だかそれは私が飼い主であるかと錯覚してしまう様でして、まるで介助犬が
私に寄り添っているかのようでもありました。

飼い主さんは「犬を飼ってらっしゃるのですか」と尋ねてきたのですが、我家
には犬はいませんし、普段犬と接する機会もないのですから、そう伝えたのだが、
飼い主さんの質問も尤もでして、私も初対面の犬にこうも懐かれたのは初めて
ですからねぇ。

撫でながらそんな話をし、一度はまた散歩を再開しよとしたのですが、ちょっ
と行ってはまた引き返してくる有様。こんな事は良くある事なんでしょうか?

後になって考えました。そう、あの犬はきっと前世で私の相方だったに違い
ありません。やや、待てよ、オスかメスかを聞いてないからなぁ…オスだった
らどうしよう…でもま、前世ではきっとどちらかが♂で、どちらかが♀だった
んだろうね。

こういう思い込みの話の締め括りでいいんだろうか…。
imageinu16.jpg
丁度こんな目をしてました

2008年01月21日 | Comments(2) | Trackback(0) | つれづれ
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。