スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

覗いてみたい

こんばんは、motaです。
私の住む街には東京理科大があるのですが、このキャンパスの周りに
結構雰囲気のある並木道というか道があります。

学校の環境作りとでもいうのでしょうか。
大概の教育施設関係の敷地内は散歩道が整備されていたりして、気持ちが
いいものです。

東京理科大のすぐ傍をよく車で通るのですが、キャンパス内はどんな雰囲気
なのか覗いてみたい衝動にかられます。まさか車でズンズン入っていくワケ
にもいかず、毎度の事ながら遠目に見るだけなんですけどね。

今の時代、小中学校は防犯上の理由から、一般の人はおいそれとは簡単に
校内に入れなくなってきていますが、大学レベルになればオープンキャンパ
スにもっと力を入れてくれると大変有り難いのです。

広い敷地内には木々が沢山植えられていて、心身ともに癒される空間である
事は間違いないでしょう。
それに生協では色々なものが安く手に入るでしょう。無理だとは思いますが
図書館も利用できると、専門書のように高くて手が出せないものも読む事が
できるようになるわけで、そりゃもう最高でしょう。

私が大学を卒業してからハヤ20年。今にして思えば、学生のおかれている
環境ってかなり恵まれているな。

あぁ、あの日に帰りたい…。

と思ったところで帰れる筈もなく、さしあたっては、どこかのキャンパスに
潜り込んでみたいのだ。学びの場所である事は百も承知だが、その構内の
自然環境に今はとても惹かれているmotaなのです。



追記:更に欲を言うなら、芝生の上で彼女に膝枕をしてもらいながら…
   他愛も無い話なんかしたりしてね。
スポンサーサイト
2007年11月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う

たこ焼きなの?



先日、マーチング大会で大阪へ娘が行った事は書きましたが、そのお土産がこれ。
その名も『大阪名物 たこ焼きクッキー

出発前に小遣いをせびられ(何故か妻から「お小遣いを出してあげてね」と言われた)
中学生なんだから5000円ぐらいが上等だろうと考えて、5千円札を出したところ、
「1万円にしてよ」とこれまた妻から。

一泊しかしないのに、それも観光で行くわけじゃないのにどうしてそんなにお金が
かかるのか貧乏性の私には、ちっとも理解できなかった。
流石に食い倒れの街と言われている大阪でも、中二の女の子が食べられる量や
入っていけるお店など、たかが知れているじゃないか。

しかし、お土産を買ってくるのならば話は別腹いやいや、話は別だ…
すっかり前置きが長くなってしまったが、そのお土産として買ってきたものの一つが
このクッキー。
行く前のリクエストとしては、本物のたこ焼きを買ってくるように頼んだのだが
高速バスを使っての移動では、帰宅するまでに、たこ焼きはたこ焼きでなくなって
しまう事間違いなし!
そんな訳で諦めていた、たこ焼きにまつわるお土産願望。

しかし、このように姿を変え、見事に当初の目的を果たしたのである。
よくやった娘よ。

、食べてビックリ玉手箱。

2007年11月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 食べ物

葬儀

葬儀に参列する度に思うのだが、
故人や故人の家族にゆかりのある人が参列するのが普通であろう。

それなのに、葬儀場の外では笑い声が聞こえてくる事がしばしば。
これにいつも辟易する。

遺族の悲しみを思えば粛々と葬儀に参列するべきではないだろうか。
とても切ない。

笑い話をするような仲ならば、参列しない方が良くないか?
故人が大往生で、湿ったのが大嫌いだったから、明るく送ろうというのなら
また別の話ではあるが…。

故人や遺族への思い遣りに欠けていると思う。
2007年11月28日 | Comments(4) | Trackback(0) | ちょっと疑問

万能細胞

今日一番のニュースと言えば、もうこれで決まりでしょ。
『ヒトの皮膚から万能細胞を作る事に成功』

こんばんは、motaです。

何故か日本の京都大とアメリカのウィスコンシン大の研究チームが同日の発表となった。
日米で…というから、てっきり共同研究でもしていたのかと思ったら、
今回重要な遺伝子の内、2個が二つの研究では違っているらしいから別行動
だったようですが…。

この研究で拒否反応を起こさない臓器や体の組織が作られるようになれば
多くの患者が救われる事になる、画期的な発明になると思われます。
まだ先の話になるのでしょうが、実用段階、発展段階では倫理的な議論も充分に
行われる事を願います。

休日は散歩



先週から私は決意したのだ。休日には散歩をしようと。
例え人から、「随分オッサンくさいなぁ」と言われようともやり抜くのだ。

と言ってもまだ2回目だから、いつまで続くのか自分でも自信が無いのも事実だ。

それでもって、上の写真だが、普段通らない道を歩いてみたら、
どことなく異国情緒あふれる建物に遭遇。
ワイナリーに見えなくも無いが…


なんだろうな、と近づいてみると


IMG_1743.jpg

どうやらレンガ造りの蔵らしい(ってそう書いてあるだろうに)
2007年11月20日 | Comments(2) | Trackback(0) | つれづれ

斜陽




華やかな頃を過ぎたけれど、
朽ちてゆく姿も、それはそれで雰囲気があるなぁ。

2007年11月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境

凄い人だ

BSハイビジョンで登山家・山野井泰史さん、妙子さんのご夫妻のドキュメン
タリー番組を見たのだが、このご夫婦にはいつも凄い人だなぁと思わされる。

私がお会いしたのは2年ほど前だが、その時はガチュン・カンでの大事故か
ら3年後という事だが、当時は今回の番組の中でも写されていた自宅近くに
ある1メートルの岩が思うように登れず、「なんて事無いこの岩が結構難しくてね」
と言っていたのを記憶しています。

それがその岩はおろか、グリーンランドにある未踏峰の1000mを
越える切り立った岩山を登ってしまうとは。大事故に遭い、凍傷で指を失っ
てからは以前の自分なら簡単に出来た登攀も儘ならなかったのに…。

番組中、視察で大絶壁を初めて見た時の彼の目の輝きと、興奮冷めやらぬ
嬉しさに包まれている山野井さんを見た時、彼にとっての幸せは山登りに
あるんだなぁと感じた。

自分の思う事に対して、真っ直ぐに、どこまでもひた向きに・純粋に追い求
めるその姿には、世の中がどうとか、生活をしていく為に理不尽な事に悩んで
いる私自身がとても小さい人間に思えてくるんだ。

あれこれつまらない事に囚われているなぁと。
でも、たとえそうだと分ったからと言って、じゃあ、今の生活を捨てられる
かと言えば、無理だと思う。

だから尚更の事、山野井さん夫妻の山に対する姿勢に感動するのだ。

世界最強と言われた…と称しているが、今尚、彼は世界最強のクライマー
だと私は思う。

純粋に求め続けているからこそ、「こんな遊びに命を懸けてるんだよね。
本当に命を懸けているんだよ」と言えてしまうんだろうな。
やっぱり凄い人だ。到底敵わないよ。

2007年11月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境

吹連の結果は

本日行われた吹奏楽連盟主催のマーチング全国大会でしたが、
結果は残念ながら銀賞というものでした。

昨年の金賞より一歩後退でした。

まぁ来年の奮起を…と思いたいところですが、何年か連続で全国大会に出場すると
運営規定で翌年は全国大会へは参加できないそうなので、そうもいかないんですね。

先程連絡が入り、地元に帰ってくるのは11時をまわってしまいそうです。
昨年に続いての金賞を逃し、渋滞に巻き込まれてしまうなんて、
可哀相ですが、来月に行われるM協(マーチング協会?)の全国大会で
その悔しさを跳ね返して欲しいものです。

しかしまぁ、全国大会という規模の大会に吹連は昨年に続いてですし、
今年は更に主催の違う二つの大会に出られると言うのも、娘にとっては
良い経験ですよね。

私が中学生の時には、全国レベルでの大会になど、どのカテゴリーでも
出場などなかったですからね。

今夜は美味しい物でも食べさせて…と思っても帰宅が深夜ではねぇ。
とにかく今夜はゆっくり休ませてあげましょう。お疲れ様でした。


2007年11月18日 | Comments(2) | Trackback(0) | 家族・教育

フィルターを掛けましょう

新聞にいじめに関する調査結果が掲載されていたのだが、それに拠れば
ネットを通じたいじめが約4900件あったそうだ。
その内容は、学校の裏掲示板等に嵌め込み画像を載せられたり、誹謗中傷を
書き込まれたりしたものだ。

何と卑劣な事だろう。これを防ぐ為にも、家庭でのパソコンや子供に持たせ
る携帯にはフィルターをかけるのが親の役目ではないだろうか。

ウチのパソコンにもフィルターがかけられている。確かに反応速度は落ちて
いる気がするが、子供を被害者にも加害者にもしない為の方法だと思えば
それも我慢ができるというものだ。

フィルタリング・ソフトを掛けようと思ったのは、長男が思春期になって、
それなりに異性に興味を持つようになってきた為だ。勿論、全てを押さえ込
むのでは逆効果であったり、成長を捻じ曲げてしまう可能性もあるので、
見られるサイトの判断は父親の役目でもあろう。

こうして当初考えていたフィルターの必要性は、異性の画像を対象とした
ものだったが、ネットを通じたいじめがこんなにも多いとは想像もしていな
かったというのが本音でもあり、今となっては全ての家庭でフィルターを掛
けてもらいたいと強く願います。

それをしなければ、子供のイジメに親が加担していると言っても過言では
ないと思います。今一度、子供のネット環境について考えては如何でしょう

2007年11月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育

長女、全国大会へ行く



只今夜の11時28分です。
娘の中学校の吹奏楽部が、大阪で行われる吹奏楽連盟(吹連)のマーチング・コンテスト
の全国大会へ参加するため、バスで一路、大阪へ向かっています。

出発から約二時間が経っていますが、海老名あたりを走っているのでしょうか。

夜を通してバスで走り、明日はUSJ大阪城で出場校によるパレードを行い、
本大会は日曜日です。妻からは出場の時刻に合わせて、大阪方面に向かって
祈るよう命を受けています。

えぇ、祈らせていただきますとも。応援に行けない不貞な親に出来る事といったら、
祈る事くらいしか残されていませんもの。

さぁ、ここであったが百年目、これを読んだ方は明日18日の昼、12時5分頃、
大阪城ホールの方へ向かって、野田市立第一中学校の成功を一緒に祈りましょう!

すみません、日にちを間違えました。本大会は18日です。

2007年11月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。