スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

どんど晴れ

明日でNHK朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』が最終回。
途中からだったけれど、結構嵌ってしまったこの番組。

伝統と格式のある老舗旅館「加賀美屋」が買収騒ぎに巻き込まれ
どうなるかハラハラしていたが、予期せぬ急展開で問題解決というか回避。

今週に入って残りの放送回数からすると、最後は駆け足で話が進むんじゃないか
と思っていたら、案の定その通り。
今朝も見ていたけど、何で外資のリゾート開発会社がああも簡単に諦めたのか
見ていても分らないまま、どうやら奪われた株は一まず安全な人の手に渡った様子。

明日は回顧録になりそうな予感。

スポンサーサイト
2007年09月28日 | Comments(4) | Trackback(1) | つれづれ

秋桜



この季節、いろんな所で見かける秋桜。
秋桜と言えば思い出すのが、山口百恵の『秋桜』。
もう一体何年前の歌になるのだろう、この歌を聴く度に懐かしさが込上げてくる。

歌詞を聴いていると、もうすぐ嫁いでゆく娘と母の別れを感じ、胸にジーンとくる。
最後の「もう少しあなたの子供でいさせて下さい」というフレーズがまた良いね。
歌詞には父親の文字やそれを感じさせるものは何も無く、完全に母娘の内容で
完結している点も、二人の想いに厚みを増しているのではないでしょうか。
IMG_1517.jpg

作詞・作曲とも、さだまさしだけど、彼には悪いが
百恵ちゃんの歌の方が好きだな。彼女の歌の中でもこれが一番好き。

どうもやっぱりmotasuke君、女々しい傾向にあるようです。

2007年09月27日 | Comments(6) | Trackback(0) | つれづれ

茄子の味噌汁

昨夜は茄子の味噌汁が食卓に並んだ。
茄子と薄揚げのお味噌汁だが、気になる事を妻が言った。

「こうやって茄子をお味噌汁に使うのは、たくさん無いとできないよね」と
彼女曰く、スーパーで5個入りの茄子を買ったりしたら、茄子を使った料理
は考えても、お味噌汁の具になんて勿体無いのだそうだ。

沢山あるから具として使うって、味噌汁に失礼じゃないか!
な~んて怒っちゃいないが、そんな事考えた事も無かったぞ。

更に出てきたのが「茄子のお味噌汁なんて田舎じゃないと出て来ないでしょ」
だよ。都会じゃ茄子がどっさりなんて有り得ないから、勿体無くて使えない
と言うのだ。小さい頃から、茄子の入ったお味噌汁を食べてきたし、今でも
こうして食べているmota家は立派な田舎の家庭だ。

でも本当にそうなのかな。

都会では茄子の入ったお味噌汁は作りませんか?多分作っているよね。

んーよく考えたら、彼女の言う料理とはメインディッシュって事なのかな。
そう考えると何となく分る気もする。数少ない茄子だとしたら、おかずとし
ての使い方を先ず考えるよね。お味噌汁は、お味噌汁でおかずじゃないもの。

ただそうすると、お味噌汁の存在って何と言えばいいのだろう。主食はお米
だし、おかずでもない。やっぱりお味噌汁と言うしかないな。

あれれ?こうしていつもの様にまた、頭ン中が混乱してくるのだが、
お味噌汁に茄子を入れると勿体無いと思うのって、お味噌汁ってそんなに
魅力がないの?と物悲しい。決して付け合わせじゃないし、存在感は充分だ
と思うのだがねぇ。

そこで解決策を考えました。

お味噌汁を立派なおかずと考えるようにすれば良いだけの話です。
そうよ、御飯とお味噌汁だけで私は充分幸せです!
でも、昨夜は鯖のしぐれ煮もあったけど、まぁそれはそれ。棚上げね。
お味噌汁を何杯も飲んだら塩分の摂り過ぎになるんじゃないか、なんていう
事もこの際は忘れよう。先ずは味噌汁の地位向上から始めねばならない。

そして、お味噌汁の地位向上が達成された暁には、料理本にもおかずとして
堂々と茄子を使ったお味噌汁のレシピが掲載され、都会に住む人もスーパー
で4本や5本入りの茄子を買っても味噌汁に入れられるのだ。

さぁ、みんなで茄子の入ったお味噌汁を飲もう!美味しいぞ。
それにしても、茄子は秋を感じさせる食材だなぁ…

2007年09月26日 | Comments(4) | Trackback(0) | 食べ物

彼岸花



ご多分に漏れず、季節の花を。
でも彼岸花を撮ったのは今日が初めて


2007年09月25日 | Comments(2) | Trackback(0) | 自然・環境

頼むぜ

福田新総理の下、閣僚が発表された。
最後まで決まらなかったのが、農林水産大臣。お金の問題で次々と交替
した大臣がこの一年で3人。困った時の若林?この人は絶対白なんでしょ。

誰がどのポストだからどうだとか、そんな高度に政治家をリサーチをして
いるわけじゃないから、これからがどうなるなんて政治展望は分らない。
がしかし、一連のニュースを見ていて感じた事がある。

それは内閣改造の度にニュースの解説として局の政治部の記者がコメント
するのだが、彼らがよく口にする言葉「面白味に欠ける」っていうのが
どうにも気になって仕方が無い。気になるって、要するに私個人としては
止めてもらいたい言葉だ。

日本の政治のしくみとして、閣僚達は国を動かす大きな存在である。不満
や不安が我々庶民に大きくのしかかっている日本で、国政の中心として
頑張ってもらわねばならない人達に、『ウケ』なんて期待してない。
マスコミは記事にする関係で、やれサプライズなんていうものがあった方
が良いのかもしれないが、国民にはそんな考えは無いと思う。
ウケが良いのを必要としているのは選挙対策を考えている政治家サン達も
然り。

ニュースを見ていると人事に関して、競馬や競艇みたいに、予想をして
当たるかどうか楽しんでいるようにすら思えてくる(極端過ぎるけどね)

決まった人事の顔ぶれに対して、今後の政権を担うにあたり期待する事な
んかを、或いは過去の言動から、新大臣の方向性を述べるようにしてもら
いたいんだけどな。

同じ様な切り口で解説されているのを見ていると、政治に対する閉塞感や
失望感もマスコミ関係者には少し曖昧に認識されているんじゃないかと
思う。

もう国民もこれだけ呆れているのだから、見栄えやウケなんてどうでも
いいから、しっかりした政治をやってもらいたい。それだけです!

木陰で一休み



今年の残暑は厳しかった


漸く朝晩が涼しくなってきました
昼間も早く気持ちのいい涼しさにならないかなぁ

ところで、実は
昨夜余り寝ていないので、すっごく眠いのです。

なので、おやすみなさい。

2007年09月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ

優勝だ



<市長や教育長の名前もとり合えず加工しといたけど、別にいいのかな?>

いやー本当に驚きました。
世界中のテニス関係者の皆様、そしてテニスに興味の無い方も
寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

ウチの息子のペアが漸く手にした『優勝』の文字。
市内のソフトテニス大会でジュニアの部にて優勝しました。

市内の大会で、それもソフトテニスだから参加チームなんて
いつも一緒に練習している子達なんだけど、それでも今まではどうやっても
4、5番手という、後から数えた方が早いぞみたいな位置にいたし、
以前私が見に行った時のプレー振りからすると到底優勝なんて夢の又夢だったんだよ。

息子は今年小学6年だから、参加しているソフトテニスのチームも今年で最後。
我が子ながら「そうじゃないだろう」「そこでもう一頑張りなのに…」という
プレーしか私の記憶には無かったから、もうこれは神様からの御褒美か?と思ってしまう。

自分の子供時代を棚に上げて言わせて貰えば、優し過ぎると言うのか
大人しいと言うのか、闘志が表に出てこないのが息子。
同学年の子と比較すると身長は大きい方なのだから、もっとその優位性を
活かせば試合にも勝てるのに勿体無いと思ってきた。負けん気はあるのだろうが
それが表に出てこないで、ここぞという場面で萎縮してしまうのよね。
要は自分に自信が持てないからで、一度自信がつけばもっと違うプレーも
出来るのだが、そのキッカケが掴めずにいた感じ。

しかし、今回こうして何はともあれ優勝できた事が何か弾けるキッカケとなって
今後の彼の成長にプラスになってくれれば良いなぁ、なんてまともな親心を抱いております。

当の本人は私が帰宅した時には、疲れからか既に寝ていたので明日にでも
本人の感想なんてのも聞きながら、ちょいとからかってやろう。
勿論、祝福の言葉は贈りますよ。
あれ?よく考えたら私が優勝とか一番なんていうのを貰った事あったのか?
あれれれ?既に親を越えて行ってしまったのか息子よ。
そうか、そうか、親が大した事ないと乗り越えるのも楽でよかよう。

今日を境に一皮むけてくれると良いんだがね。
兎に角、優勝おめでとう。

2007年09月23日 | Comments(4) | Trackback(0) | 家族・教育

千春風に

IMG_1448.jpg

♪昇る朝日の~ 眩しさの中~♪

こんばんは、motaです。
昨夜は缶チューハイを飲んだ所為か10時頃消灯。
そんなもんで今朝は5時に目が覚めるという、既に年寄りっぽいライフスタイル実施中。

折角早起きしたのだから、と写真でも撮りに行ってきました。
そしたら土手の方はもやだか霧がかっかっていて、何とも幻想的。
朝にしか見られないものを見られただけで、こいつは朝から縁起(?)がいいぜ。

IMG_1428.jpg

IMG_1434.jpg

写真を撮りに出かけた本当の狙いは、2枚目の花ね。
何回かその前を車で通っていたのだが、仕事中にカメラを構えるワケにもいかず
いつかは撮ってやるぞ~と密かに狙っていたのだ。

太陽が昇ってくる頃って、光が花弁に良い感じに差すから昼間見るよりも
一層綺麗に見えるね。
夜露が葉の先に残っていたのを撮れたのも、予期していなかった偶然で
これまたラッキー。

今度はもっと、光が差し込んでいる感じを撮ってみたいなぁ。
季節の移り変わりを感じ、それを上手く捉えられたら最高なんだけど。

写真に撮る事が出来なくても、季節を感じ取って、自然の中に生かされている
という事をもっと体で受け止めたいんだよね。
2007年09月21日 | Comments(4) | Trackback(0) | 自然・環境

ベネチアが大変だ

妻は以前行ったことがあると思われる。私はイタリアにすら足を踏み
入れていないのだが…。

そんな事はさておき、イタリアのベネチア、サン・マルコ広場が有名だ
が、そのベネチアでは以前からハトの糞による被害に頭を悩ませてきた
らしいのだ。



写真は『フリー素材屋Hoshino』さんからお借りしました

そしてこの程その対策として、教会の結婚式でライス・シャワーを行った
り、ハトにエサを与える事も禁止となりそうなんだって。

確かにwebで旅行記を調べてみると、多くの人が同じ様にハトの攻撃を
くらってしまったり、或いは防衛策として傘が重宝だったとか色々書いて
ある。

何ともハト迷惑、いや、はた迷惑だ。折角の旅行もハト攻撃ではね…
いやでも待てよ、そこでハトと考えた、もとい、ハタと考えた。

一日の終わり



時計を外すと、そんな気分になる

2007年09月18日 | Comments(8) | Trackback(0) | つれづれ
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。