スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

USBメモリー



ついに念願のUSBメモリーを買いました。
それも思い切って、2ギガを購入。以前から頼まれていた妻用に512メガも。

容量の差は別に差別した訳じゃありませんよ。
妻は主にexcelのデータ用ですし、私は画像や音楽データ用なので
必然的に容量が違っていいんです!
2つ合わせて9千円弱だったので、こんな値段ならもっと早く買っておくんだった。

購入に踏み切ったのは、仕事でphotoshopを使った画像を印刷したところ
余りにも印刷の程度が悪かったので、安い複合機じゃ駄目だと思い、
家のプリンターで印刷して確かめようと思ったんだ。
そこでいざファイルをコピーして持ち帰ろうとしたら、photoshopのファイルだから
10メガを越えてしまったので、さぁ大変。

スポンサーサイト
2007年02月28日 | Comments(4) | Trackback(0) | パソコン関係

アカデミー賞発表を受けて思う

日本中の期待を受けて、助演女優賞に菊池凛子さん、作品賞に硫黄島からの手紙がノミネートされたが残念な結果に終わった。

助演女優賞に関しては、菊池さんや関係者には怒られるかも知れないが、今回の受賞は厳しい状況ではなかっただろうか。

私が今回意外だったのが、作品賞を受賞した『ディパーテッド』である。
これは言わずもがな、香港映画のハリウッド・リメイク作品だ。
オリジナルが受賞するのなら判るが、リメイクである時点で評価は少なくとも下がるべきであるし、下がったと思いたい。それでも作品賞を受賞したという事は、スコセッシ監督への長年に渡る帳尻合わせ?

なんて書くと映画ファンにはお叱りを受けるかも知れない。
オリジナルはなかなか良い映画だったので…と書くと尚更か。
マイナス要因を考えても受賞したのだから、ある意味凄い事だと思う。
(フォローしようとすればするほど、悪意があるみたいに聞こえるなぁ)

しかし、スコセッシ監督とディカプリオは『アビエイター』で作品賞の本命に
挙げられながら受賞できなかった経緯があるから、オスカーを手にした
監督がステージ上で何度も『Yes』を連呼したのも頷ける。
未冠の大御所とて、これまでも心底受賞したかったのだろうね。


そんじゃま、いずれ機会があるだろうから、『ディパーテッド』見てみますか。
って、オイオイ、映画を見もしないで書きたいだけ書いていたのかよ
という突っ込みを入れたかったあなた、すいません、その通りですから。

最後にプレゼンターを勤めた、Ken Watanabe もうすっかり世界の映画人になりましたね。NHKの大河ドラマ『伊達政宗』で一躍脚光を浴びるも、その当時の絶頂期と思われた折、病にかかり一線を退く事になった時には、何て辛い人生なんだろうと思ったものだ。
それが今では、あの頃の評価などプロフィールの前段部分にしか過ぎない程の大活躍。病に立ち向かっている多くの人にも希望を与えている事は間違いない。

年を経る毎にいい男になっていく。そんな齢の重ね方には憧れすら覚える。
さぁて、格好良く中年になって行こうじゃないか。俺もガンバロっと。

そうそう、各賞を受賞された皆さん、おめでとうございます。


18:17 投稿  ビヨンセはダイエットしてまた一段と美しくなりましたね

3/1 8:00 インファナル・アフェアを韓国映画と勘違いしてました
       香港映画でしたね。ごめんなさい。本文も訂正しました。

光より速く

20070226000602.jpg

こんばんは、motasukeです。
時々、映画でレーザー光線や攻撃ビームを避けるシーンがあるけど、
あれって理論上は無理があるんじゃない?

思考回路が『ナンジャラほい』系の私としては、光より速くそこから移動しない限り、
いや、光の到達する速度プラス、光を察知し、軌道を計算する時間、
更には自分がそこから回避行動をとるまでの動きが、光の到達時間より
短くないといけないのだから、そりゃ絶対無理でしょう!と考えてしまう。

映画『スターウォーズ』のジェダイ達は、そう考えると、やっぱり超人だわ。


23:58 投稿


2007年02月25日 | Comments(2) | Trackback(0) | フト思う

赤は赤でも



以前、『赤い車』と銘打って掲載したのは、アメリカのコルベットだった。
その時には、昔、山口百恵さんが歌っていた『プレイバック part2』の歌詞が
NHKの紅白歌合戦で特定の企業名を出せないという理由から、
『真っ赤なポルシェ』という歌詞を『真っ赤な車』に変更した事を書いたわけだが、
今回の赤い車は、赤い車でも、三菱のデリカなのだ。

2007年02月24日 | Comments(4) | Trackback(0) | フト思う

直前のあがき



もうすぐピアノ発表会の日がやってくる。
暗譜ができない、と少し焦り気味の参加者。

そっと楽譜を覗き込んでも、オタマジャクシがたくさんいる事しか判らない。

環境悪化が叫ばれる昨今だが、これだけオタマジャクシが多いのは
環境もまんざら悪くないんじゃないだろうか…

いつもながら、真面目に考えなければならない場面でも
ついつい頭に浮かぶ、おちゃらけた思考は止められない。


発表会は明後日だ。
長女が間際になってから、慌てるのは、どうやら彼女の遺伝らしい。
記憶力は年々衰えていくのだから、もう少し早くから慌てればいいのにと思う夫であった。



21:48 投稿

2007年02月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育

タイムリミット

息子が是非とも録画してもらいたい、と申し出ている
映画『ロード・オブ・ザ・リング』の3部作一挙放送まであと数日。
あ、WOWOWでの話ね。

それまでに録画機のDVDへのダビング作業を終え、ハードディスクを空けなければ
ならないのだが、果たして間に合うのだろうか。

と、同じ様に、今日のエントリが間に合うのか?


どうしていつもギリギリなんでしょうね?


23:59 投稿

2007年02月22日 | Comments(2) | Trackback(0) | つれづれ

50D本当に発表するの?



これまでに何度も噂が出ては、その度に話題になっていますが、
CANONのデジタル一眼レフの新商品が明日発表になるらしいです。

期待してCANNONのHPを見に行っても、いつもと変わらない内容に
何度ガッカリした事か。明日も余り期待しないで(と言い聞かせながら)
確認しようと思います。

キスデジXが1000万画素オーバーになった事で、30Dの後継モデルは
いつでるのか、いつでるのか、と多くの人が待ち望んでいる筈です。

商品サイクルからすれば、5Dの後継モデルの方が発表されてもおかしくないので、
一気に5Dと30Dの両方が出る模様ですが、驚いた事に1D系の後継モデルは2200万画素だって。まぁそれは金額も目玉が飛び出るくらいでしょうから、現実的に購入を考えるというか、ただ単に悩むのは5Dと30Dの後継機ですね。

先日、中古品の30Dが美品とは言え、15万円で店頭に並んでいたのには驚きました。ちょっと高すぎると想うんですが、仮に50Dが発表されたら幾らになるのか興味があります。

スペックで一番気になるのは、ファインダーの倍率と明るさなので、
今回発表になる機種に関しては問題ないと思いますから、
暫くは購入シミュレーションを繰り返す事必死ですね。

何度も言いますが、期待しないで、明日CANONのHPを確認してみます。

期待しない、期待しない。買えない、買えない、買えない…買いたい


19:32 投稿

進路相談?

クリックして見てね

ウルトラ・スーパーショットォォォォォ……
なんてな具合に、末娘のソフトテニス大会での写真を加工して遊んでみました。

皆様こんばんは、motasukeです。
この写真で何故に進路相談なのか、不思議に思う人が殆どだとおもいますが、
大いに関係ありなんです。

末娘は只今小学校3年生。通っている小学校では4年生からクラブ活動が
始まるらしく、そろそろ所属するクラブを決める時期にきているようです。


そうしましたら、何と、本人至って大真面目にテニスをとるか
吹奏楽へ入るか悩んでいるらしく、先日妻を交え、吹奏楽部の先輩である姉、
テニスの先輩である兄らと真剣に進路相談をしていたそうです。

今現在、毎週末はテニスの練習が出来るという事で休みの朝は
ウキウキ、ルンルンしているぐらいテニスを楽しみにしているのですが、
長女が吹奏楽に入ったら両立は難しい事を説明したようです。

悩んだ末に出した結論は、な、な、なんと、吹奏楽部に入って
ピッコロを吹きたいそうです。こりゃまた随分具体的なイメージを持っていますなぁ。

長女は小学生、中学生と吹奏楽部で活動していますが、それらを間近に見てきて
自分もやりたいと思うのは自然だと言えばそうですが、
あんなにも楽しみにしているテニスを諦めるなんて勿体無い、
とつい思ってしまいます。

姉の道を辿るのは、これまでの二人を見て来ている限りでは、
目指すところが少々高いようにも思えますが、テニスを諦める要因には他にも
今活動しているクラブでは同じ学年の子がいなく、ダブルスが基本のチーム編成なので
色々難しい点があるようなのです。
いずれ自分が高学年になれば、そうした問題も苦にならなくなるのですが
それまで待てないのが子供です。試合にはどうしても勝ちたいみたい。

一方は自分にとって未知の世界、一方はこれまでやってきてある程度視野のある世界、
出来る事ならいろんな事にチャレンジしてもらいたい一方で、
折角多少なりとも上手く行っている事の更に上を目指してもらいたい
気持ちの両方あるのが、親として実際のところです。

最終的に結論を出すのは、勿論本人ですが、さぁてどうなるんでしょうか。


21:27 投稿   写真撮影by妻 加工:私


2007年02月20日 | Comments(4) | Trackback(0) | 家族・教育

みんな身勝手

昨日の休日に私は小雨の中を散歩に出かけていたのだが、
妻は今度の日曜日に行われる発表会用の服を買いに出掛けていた。

決して私達は仲が悪い訳ではない。
家族連れの買物、それも服を買うとなると毎度の事だが、子供達が
手持ち無沙汰になり、つまらなそうにしているとオチオチ服選びもできないのだ。

そう、つまり買いたい本人がゆっくり満足いく為の配慮なのだ。
どう?旦那としてはさり気無い優しさでしょ?
その上、私が貰った商品券を持たせたのだから、出資者でもあるわけだ。
あぁ、何と寛大な夫であろう。自画自賛。

と鷹揚に構えていられたのも、買物から帰って来るまでであった。
あろう事か妻は私の商品券を全部使ってしまったのである。

さようなら、私のまだ見ぬ洋服達よ。
私は景品で貰えるパーカーとか(カメラのキスデジをかったらキャンペーンで貰えた)
販促品のTシャツ着てこれからも頑張るよ。

全部は使わないからね、と言って出掛けた妻のあの言葉は一体何だったのか…

2007年02月19日 | Comments(2) | Trackback(0) | 家族・教育

出会いは突然

折角借りているカメラのレンズなので天気が悪かったけれど、
何かチャレンジして撮っておこうと思い、微かに雨の残る中をいざ散歩へ。

IMG_6934.jpg

今までは知らなかったけれど、梅って紅梅の方が早く咲くみたい。
本格的な見頃はまだ先なのだろうけれど、今咲いている木を見る限り
紅梅はちょっと過ぎてしまったかのようだが、白梅の方は元気。

まだ小雨が残っていたので、日曜日なのに公園には殆ど人影はなかった。


しか~し、である。捨てる神あれば、拾う神あり、だ。

メジロなんて初めてじっくり見ましたよ。
多分この鳥はメジロだと思う。だって見るからに目の周りが白いもん。

残念だが天気が悪いので、写真を撮るには条件が悪すぎたが、
予想外の出会いを考えれば、贅沢は言っていられないし、
天気が良かったら綺麗に取れていない言い訳がみつからないから良しとしよう。
2007年02月18日 | Comments(4) | Trackback(0) | 自然・環境
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。