スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

社会貢献と利益追求

公共機関の事故や不祥事が目に付く今日この頃皆様如何お過ごしでしょうか、motasukeです。

報道される時には必ず枕詞でもあるかのような決め台詞で

『利益追求』のあまり…
そんな点を指摘したところで、急に安全第一になどなるものか。

『モラルの欠如』が…
大企業が競争社会の中で生き残る為に奇麗事だけで済むものか。

個別に聴き取り調査を行えば必ずや
『皆様の安全を第一に』…と模範解答が返ってくるだろう

つまりは安全が重要なのはわかるが、企業とはそれ以上に利益を追求するのが体質であり、利益を追求しない団体なら端からボランティア団体の届けをすればよいはずだ。

社会貢献を行うのが企業の最優先事項というのであれば、建前論の空回りを促すようなものだ。事故が起きる度に繰り返される同じ議論。もういい加減に自浄作用など期待するのを止めたらどうだろうか。

良心の部分では、安全が最優先だが、実際には利益追求という呪縛から抜ける事ができないのなら、事故を起こした時にはそれまでの利益が吹っ飛ぶくらいの課金を科せば良いのである。

荒唐無稽な事を言っている事くらいの自覚はしている。だが、こうでもしない限りは安全がより重要視される事など永遠にこないのではないかと心配になる。

社会レベルに於いて、懲罰を恐れての判断をするようでは低俗な社会である事も分かるし、人間の質を長い目で見れば堕落させる事にもなるというのも理解できる。

しかし希望を胸に抱いて歴史を刻む為に、何人の命を失えば目が醒めるのだろう。身の回りの誰を失えば、被害者の気持ちを汲み取る心を持つ事ができるのだろう。

置石という悪ふざけや、飛び込み自殺で列車運行に影響を及ぼした場合には、本人や家族に損害賠償請求がなされるが、自らが招いた事故やダイヤの乱れには多額の迷惑料が支払われないのは何故だろう。

自分の都合の良いように解釈する大企業に『社会貢献』という言葉は使って欲しくない。

スポンサーサイト
2006年04月30日 | Comments(4) | Trackback(0) | フト思う

血小板の働き

今日のエントリは指に刺激を与えない為にショートストーリーなのだ。

今朝病院へ昨日の怪我の消毒をする為に、診療時間より随分前に到着。というのも、仕事に影響をきたさない為なのだ。我ながらエライ。いや、怪我で普通に動けない時点で影響が出てるわな。

何はともあれ、消毒の為に包帯を外し、ガチガチに固まっている患部の包帯はハサミで切断。

 包帯が固まっていて、
 先生も「しまった!」 (え?何かマズイの?)

 処置の経過
 蝉の抜け殻の様に傷口と反対側にあたる包帯にハサミをいれる。
 更に薬品で凝固している部分を少しずつ剥がし、
 外れた包帯はまるでギブスみたいに、かたどられていました。
 包帯なのに、トレーに落ちたときに、カランって音がしたよ。

これこそが、血液中の血小板の作用だ。止血する為に凝固するわけだ。

血小板といえば、先程まで放送していた「CSI:5」でも関係する事件が起きていた。

  お~、偶然とは言え、何か運命的なものを感じるなぁ。

いや、そんな事考えている場合じゃないだろう!
とお叱りの声が今聞こえました。

はい、その通りです。神妙にしっかり治療に専念しないといけませんね。
先生に聞いたところ、全治約一ヶ月だそうな。
暫くは事務仕事がメインになりそうです
ついでに机の中も整理・整頓しましょうか。


23:44 投稿
2006年04月29日 | Comments(10) | Trackback(0) | フト思う

イテテッ!



こんばんは、motasukeです。
やってしまいました。左親指を5cm程バックリと。
ちょっとした不注意から、縫う羽目に。
でも良かったんですよ、左手の親指で。利き腕でしたら、字がかけませんでした。

あまりリアルに報告すると、卒倒する人がいるかもしれないので
さらりとさわり程度にしておきます。

なんか以前娘が小指にヒビを入れた時の様に、指がグルグル巻かれているので
なんだか「親子だなぁ」なんて、本人至ってノンビリしてます。

佐野厄除大師で厄除けしたにもかかわらず、これですから、
厄除けしていなかったら一体どうなっていたんでしょうね。
と前向きに考えないといけません。
決して厄除けが効いていないなどと思ってはいけないのです。

今現在の不満と言えば、包帯がガチガチなので、親指が痺れている事くらいでしょうか。血が通っていないのではないかと思うほどですが、押すと感覚はあるので、傷口で単に痺れているだけなのでしょうね。

明日消毒に行くので、何針縫ったのか聞かなくちゃ。
何故って、今日集金に伺ったお客様が皆一様に聞いてくるモンですから。

皆様も怪我には注意して下さいね。それでは!


22:14 投稿
2006年04月28日 | Comments(19) | Trackback(0) | 仕事

Macの話

日常の疲れを癒す為にさぁ思い切ってパラダイスへ

なんてな具合に 新しいMac欲しい病が少しずつ頭をヨギル今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。こんばんは、motasukeです。

アップルから「Boot Camp」や「MacBook Pro」などぞくぞく、ゾクゾクする新商品の発表がありましたが、「Boot Camp」を使えば夢のデュアルブート(出来もしないのに言葉を使うだけでパソコンに詳しそうに聞こえるでしょ)が可能だなんて…。これから国に税金をゴッソリ持って行かれるのに、こんなにも素敵な誘惑が世の中にはあって、あぁ税金さえ払わなければ買えるのに…。納税は国民の義務っていうけど辛いなぁ。

あのー本人至って真面目に憧れています。家で仕事をしてはいけない事を考えれば何も家にあるのがMacであっても何ら問題無いので、

   キラ~ン、欲しいです

float.jpg



思い返せば最初に買ったパソコンは「PowerBook Duo230」だったと思う。起動させるとジャーンってオマケに画面には「こんにちは」なんて書かれているもんだから、「こ、こんにちは」なんてこっちが緊張してしまった事を思い出す。

画面だって、モノクロだったけど嬉しかったなぁ。秋葉原まで買いに行ったんだよね。今とは違って、駅前なんかあんまり綺麗じゃなくてね、一言で言うなら凄いところへ来てしまったけどいいんだろうか?ってな感じでしたよ。

その次が「LC630」から「PowerMac G3」。この頃から仕事では急にWindowsでないと使いづらい環境になってきたので、通販で安いIBM機を買ってからどうにもMacからは遠のいてしまって、その頃から徐々に年賀状の裏面作成用のパソコンになってしまった。

そのG3も今では子供部屋のテレビ兼ゲーム機となってしまった。考えてみると随分高価なゲーム機なんだよね、これが。メモリだって256M×3枚なんだから、起動するまでに時間がかかるかかる。電源入れてからお茶でもしようかってなくらい待たされるからね。

それでもやっぱりMacのいいところは、光るセンス(ボディコンのお姉さんの小道具じゃないよ)近寄りがたいほどの美しさ、そしてなによりも使い勝手の良さといったら何と表現すればいいのでしょうか。

思い出しました。マン・マシン・インターフェイスの良さです。GUIって言ったって、Windowsなんて所詮Macの二番煎じだったのさ。それが今ではOSでは圧倒的なシェアですからね。

シェアの少ないアップルが爆発的に売れるかもしれないキッカケとなるには十分な要素を含んでいる最近の新商品群。あぁ、また物欲という名の悪い声が耳元に聞えてくる~。そうなると益々所得税減税の廃止が恨めしく思えてくるのだ。


20:28 投稿
2006年04月27日 | Comments(6) | Trackback(0) | パソコン関係

耐震偽装関係者

こんばんは、motasukeです。
耐震偽装問題でようやく進展がありましたね。
元一級建築士、建設会社元社長、元支店長、検査会社社長…
あれ?国会で証人喚問を受けた、ホラあの人、上記の人達より悪そうな人相を
していたあの人はどうなっていますか?
それから○○研究所所長さんもですが。

jiji.jpg画像と記事は関係ありません


 お巡りさ~ん、嘘つきは泥棒の始まりですよねぇ~

あぁ、成る程。やっぱり立件が難しいから、関係者から話しを聴いて
外堀を埋めるという戦略ですね。いや、それならいいんですけどね。

やっぱりお金を使うと手を出しづらくなるんでしょうか。
ここが警視庁の腕の見せ所だと思いますがね。
弱きを助け、悪しきをくじいて下さい。

   頼むでぇ~


27日 6:30 追記 今回の画像と私のプロフィールの画像似てない?
           あんまり気分良くないなぁ



七味唐辛子



ウチの子供達もだんだん大人の味を覚えてきている。
その中で辛いものへの興味が今の旬かもしれない。

朝食で『ちりめんじゃこ』が食卓に出された時に、
私はそのまま御飯に乗せて食べてから、味付けに少し醤油をかけた。
だが、妻は「七味を掛けてみよう」となり、小5の息子も真似をしようとしたので、

 「ダメ!子供の内にあんまり辛いもの食べると脳細胞壊れるから
   頭が悪くなっちゃうと困るだろ」


とあっさり出鼻をくじく形になった。まだまだ父親には逆らえない
息子はアッサリ諦めたが、今にもちょっと涙ぐみそう

と、そんな事はお構いなしに末娘の
 「頭が悪くなっちゃうって、ママ、辛いの好きだモンね
に一気に食卓は笑いの渦に

 「今何て言ったのよぉ」と妻も食べる手を休めて反撃に。
  それでも笑いながらだから、娘は笑いっぱなし。

どうやら、末娘にしてみればママはどこか間抜けに見えるらしい。
念の為、彼女の名誉の為に言っておくが、頭は私より良いですよ。
ただ時々ついうっかり子供達からの頼まれ事を忘れてしまったり
買物に出掛けて買う物の内何かを忘れてしまったり、
「ママに一日に3つ以上の事は頼まないでね」なんて言っているから
そういうイメージがついてしまっているのだろう。

  あくまで末娘の持つイメージである事を注意して下さいね。
決して私がそのイメージ定着の為に何かした覚えは全くありません!!


それにしても
子供の頃に余り刺激物を摂取するのは良くないとは聞いたが、
果たしてどの程度からいけないのかは、全く定かではない。
意外と脳へも適度な刺激で良かったりするのかなぁ。

どなたかご存知の方が居ましたら、教えて下さい。
大人でもやたらと辛い物が好きな人がいますけど、慢性化してしまうと味覚がおかしくなってしまうとも聞いた事があります。適度に摂取するのは新陳代謝を促すという点からも良いのは分かります。

何事もホドホドというのがよろしいようですね。



11:40 投稿
2006年04月25日 | Comments(8) | Trackback(0) | 家族・教育

福知山線脱線事故から一年

お早うございます、motasukeです。
JR福知山線の脱線事故からもう一年が経ちました。
人の英知とは過去から学ぶ事であると思います。

奇しくも昨日JR東日本の山手線でレールが隆起し、
運転を見合わせて30万人以上の乗客に影響が出て、終日ダイヤが乱れる事故がありました。

今回はさほど大事には至らなかったのが不幸中の幸いですが
レールが50ミリ以上もその下で行われていた工事によって
隆起していたのですから、一歩間違えれば大惨事です。

人の記憶は月日が経つと共に風化してゆくものです。
辛い記憶は薄れてゆく方が当事者にとっては精神的負担が減るので
決して悪い事ではありません。

しかし人の命を預かる任に携わる人々や機関に関しては決して
風化や薄らいでもらってはならない事です。

福知山線の事故から立ち直れない人、事故によってその時から
心に負った傷に苦しむ人がいる事を忘れてはならない。

そんな事を知らせる為に見えざる力が働いたかもしれない昨日の事故
安全とは、人命とは何かを再確認する機会が与えられたのかも知れない。


6:32 投稿

千葉補選終了

全国が注目していた衆議院千葉補欠選挙の結果が出ました。

民主党公認の女性が当選しました。
偽メール問題から一気に下降していた民主党が大挽回なのか
もともと民主党が強かった割りに大接戦までもっていった自民の踏ん張りなのかは…んーどちらでしょう。

週刊誌でも 「元キャバクラ嬢 VS 超エリート」やら
      「小沢民主 VS 小泉自民」
      「地元出身 VS 落下傘部隊」等など

見出しには困らなかった選挙でした。

お願いしたい事は一つ、住みやすい日本にして下さいね。

芋は好きですか



こんばんは、motasukeです。
今回言っている芋は芋でも「芋焼酎」です。

高校の先輩が経営する酒屋さんへ得意先へもっていく
ビールを買いに行ったところ、我が家用にもついでにと思い購入したのが写真の焼酎です。

個人的には焼酎と言えば、蕎麦や麦といった比較的あっさりした
風味の方が好きですが、私の回りでは焼酎好きと言えば芋になるようです。
今回チャレンジという事で芋焼酎を購入し、なかなか家では飲む機会に巡り合えませんでしたが、ようやくその日がやって来たのは1週間ほど前の事でしょうか。

子供達も寝てしまい、たまには夫婦で飲もうかという事になり
二人でロックでちびりちびりと飲み始め、話が仕事の事になると俄然ヒートアップし、気が付くと1時間以上話し込んでいたでしょうか。

最初こそ芋の匂いに少し抵抗のあった妻も知らず知らずの内に何杯か飲んでいました。
そうすると、話が更に色んな方向へと広がり始め、更に1時間ほど飲んでからお開きに。

翌日の妻の感想
「なんかまだ気持ち悪い。よくあんなに飲んで平気で仕事に行けるね」と
妻にしてみれば、芋は止めようと心に決めたのと同時に
亭主の酒の強さに驚き、更にはそんな量では収まらない得意先との接待をする亭主の大変さを痛感したのだった。(そうか、そうか、父ちゃんの偉大さが身に沁みたようだね)

そりゃそうでしょう。鍛え方が違いますからね。
こちとら酒を飲んで20年以上の間に、何度「酒なんかもう飲むものか」と心に誓った事か。二日酔いの辛さに反省する事、数え知れず。

それでも最近は年もとってきたから、気を付けないといけないんだけれどね。今日もお客さんと話をしている時に、肝硬変になってしまった人の話しが出ましたけど

 明日は我が身かも知れませんよ。皆さん、くれぐれもお酒の飲み過ぎには気をつけましょう。

2006年04月23日 | Comments(10) | Trackback(0) | 食べ物

宴会には気をつけましょう



皆さんこんばんは、motasukeです。
いやぁ、キーボードで打つ文字入力は楽ですねぇ。
バシバシ打ち込めます。

さて、2日連続の接待というか、既に飲み仲間というか
得意先の社長達(この達っていうのが凄いですよね。同時に何人もこなすなんて○Pですか?)

いや、そういう事が言いたかったのではなくて、
午前様となった昨夜、隣の隣の隣の街まで飲みに出掛けたんですが
人も寝静まる丑三つ時、じゃなかった、深夜帰り道でバッタリ出くわしました。

   市民を悪人から守ってくれるお巡りさんに。

帰り道と言っても、歓楽街の24時間コイン駐車場から出て、すぐでした。角を2回ほど曲がってまだ細い路地裏ですよ。

あの、真っ赤に燃えるようなミニライドセイバー(止まりなさいって差し出すあの棒ね)がいきなり視界に入ってきました。
その向こう側には、赤色灯を点けたパトカーが鎮座してました。

   あぁ、僕のゴールド免許よサヨウナラ
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
となっていたかも知れない瞬間でした。
ふぃ~、あぶにゃい、あぶにゃい。わらひのんれません。
なんて答えようものなら、即アウトでしたでしょうね。

ハ、ハ、ハ。得意先の社長を乗せて帰るのにお酒を飲むポカなんかしませんよ。
しっかりウーロン茶のんでたので、料理も食べられたし、お巡りさんにも
「お疲れ様です」なんて、言葉までかけてしまいましたよ。

いいですねぇ。後ろめたさが無い時にお巡りさんに会うのって。

隣に乗っていた社長は警官をやり過ごした後、
「危なかったですねぇ~」なんて少々、酔いが醒めてしまわれた様子でした。

  社長~、私はそこまでバカじゃないですぅ~。
  社長が呼んだタクシーをキャンセルしたのは私ですからぁ


飲酒で捕まったら、二人とも少なくとも免停ですからね。
罰金も30万円コースですから。

皆さん、宴会の飲み物は計画的に
    飲みすぎには注意しましょう

んー、どっかで聞いたようなコピーだなぁ。
2006年04月22日 | Comments(4) | Trackback(0) | 仕事
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。