スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

永田議員 謝罪会見

民主党の『堀江メール』問題に関して、国会での記者会見を見ました。
これはもう人生の落とし穴と言うべきか、確認作業が不十分であった
という事になりますね。

永田議員の仲介者に全幅の信頼をおいていた…という件から全てが
始まっていて情報元からの確認がとれないまま、進んでしまっている。

メールを黒く塗りつぶした部分も、情報元に指示されたと仲介者から
言われて…。本人も何故この部分を塗りつぶす必要性があるのか奇異に
感じたとの事。

全てが、言われたから…、そう聞いたから…、

残念ではあるが、これでは表現は悪いが好きになった人に騙されている
結婚詐欺と同じではないか。
情報元の確認が出来ずに、突き進んでいた事は世間を知らなさ過ぎだと
言わざるを得ない。東大から大蔵省とエリートコースを歩んできた人間の
脆さもそこには見えてくる。

人を見たら泥棒と思え。とは少々悲し過ぎるが、もう少し慎重にならないと
これから政治の世界では生きていけまい。落とし入れようとすれば簡単に
その術中に嵌るタイプのようだ。

情報元に対して、「私を陥れようとする悪意がどこにあるのか…」と発言
していたが、仮に情報元が陥れようと悪意をもっていたとするならば、
それは個人つまり永田氏本人であったり、その責任者とする野田氏更には
前原代表かもしれないとは考えないんだね。自分の失態がどう影響し、
民主党にとってどうなるか、これは永田氏本人は当然ながら、民主党が
政局が見えていない事になる。

恐らく政治の世界は我々一般市民が想像も出来ないほどの有象無象の集団
ではないだろうか。世間ズレしていない熱血漢が立ち向かうには伏魔殿以上
に、更なる巨悪が存在する世界ではあるまいか。
今回の事にフィクションを加えれば、政治を舞台にした小説がいくつか
書けるのではないだろうか。

戦う相手の弱点を攻める。という戦略をとるならば、それが自民党か次期
代表を狙う民主党内部にいる黒幕かはどちらにせよ、永田氏はうってつけ
の弱点だったのかも知れない(これはフィクションです)

肝心の知りたい点を付けない記者諸兄にも、更なる奮闘をお願いしたい。


16時20分 追記しました。
しまった。今日のエントリでは2つ前の『寝顔を見て思う』
最重要項目なんだな、これが。どうぞ宜しく。
スポンサーサイト

入試問題から

世間では…と一言では言い切れないほど各自それぞれのトピックスがある。
国会でのポカを注目している人もいれば、全く時系列では同時進行している
事の一つに受験がある。

どこぞの大学で入試問題に不適切なモノがあったらしい。不適切とは何事ぞ。
問題を見たところで科目が物理なので、既に思考できるレベルを超えてはい
るので内容の何が不適切なのかと思ったら、物理1のレベルでは解けない、
つまり物理2の内容が含まれていたらしい。(1と2の区別がつかないので
全くの鵜呑みで申し訳ないが)

毎年のようにどこかの入試で不適切な問題が出るが、今回の例で言えば、
大学関係者が何もあそこまで陳謝しなくてもいいんじゃないかと単純に
思ったりもしたが、入試問題となると受験生の今後の人生に影響を与えない
とも限らない事まで考えると仕方が無いとも言える。

しかし、出題者はその分野に長けている人なのだろうから、1も2もなく、
理解できている人若しくは人々が作成する問題のチェックを専門外の人間
つまり入試管理をする事務系の人間にはどだい見つけられるハズが無い。
官僚の作成した内容を大臣が分からないのに少し似ている。

ここで補足すると、決して事務系の人を非難しているのでも能力を見下して
いるのでもないので、誤解の無いように。分野が違うから致し方無いという
話だ。(官僚と大臣はさにあらず)

個人的により注目したのが、農学部で物理が入試科目になっているのに
単純に驚いた。農学部って物理じゃなく、理系でも化学や生物とか地学って
分野かと思ったよ。

受験生って一見無関係に思えるものも出題科目になるんだから苦労が多いね。
無関係に思えるのも受験制度を把握してない私に問題があるのだが…。
こうなるといずれやってくる我が子の受験に向けて(当然まだ向かわないよ)
オールマイティーに出来ないといけない事になるのかと思うと頭が痛い。

更に更に、頭の体操にと、子供が中学になったらその内容を夫婦で分担して
一緒に勉強しようか、などと考えていた事がとてつもなく高い山に登ろう
としているんじゃないかと、計画段階で雲行きが怪しくなってきたぞ。
2006年02月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う

寝顔を見て思う

全世界65億人の皆様お早うございます。返事が返ってこなくても挨拶は
必要だな、ウン。
という事で「早起きは三文の得」で今日はどんな良い事があるのか
とても楽しみではある。
既に一つ目を発見。何だかこう書くとお化けのようだが、そうではない。
改めて、既に一つ良い事を発見。娘の寝顔を見られた。

夜中に(時間は不明だが)下の娘が「眠れない」と訴えてきたので、
ヨチヨチ、お父ちゃんの布団に入りましょうねぇ。てなニュアンスで
促すとおとなしくすぐ寝てました。嫌な夢でも見て目覚めたのだろうか。

で、今見ると可愛い顔してスヤスヤ寝てるんだな。

ここで思う。あとどのくらい娘が父親に甘えてくるのだろうか、と。
妻との会話の中で、下の娘がどうも甘えん坊になっているようだなどと
話題になったり、末っ子の役割を演じているようでもあるらしい。

実際に甘やかしてしまったな、と反省もあるが、どうやら必要以上に
甘える事が自分の家族の中での役割であるという認識でもあるのでは
ないかと見ている。
お陰で色々話題を家族に振り撒いてもくれるのだが、小学校低学年で
意味も分からずに自分の役割を感じ取っているとするなら、可愛くもあり、
もっと自分の素でいいのに…とも思い、少々複雑である。

いまだに顔を摺り寄せてきたりして、とっても甘えん坊であるが
あと何年今の様な行動をとる事ができるのか、いや、行動をとってもらえる
のか。ウザイ親父に見えてくる迄の間、もう少しこの楽しみを味わうとしよう。
2006年02月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育

2月だけ何故短い?

どうして2月だけが短いのだろう。
1年が365日というのは、まぁ良しとして、28日をどこかに持って
こないといけないとしても、何故それが2月なの?

地球が太陽の周りを回っている軌道が
太陽を中心とした真円じゃなく、中心もずれていたとしても
自転の速度が変わっていたら、一日の24時間というのが狂うよね。

基本が30日か31日だとして、帳尻合わせに28日の月をつくる必要があるなら
どうしてそれが2月なのだろうか。

お陰で今月はあっと言う間に終わるから、売り上げ作るのが大変じゃないか!
と騒いでみても、それは昨日今日始まった事でもないので、
致しかたの無い事なのだが。

だから便利な事に昨年同月比という、比較の仕方があるのさ。
2006年02月27日 | Comments(2) | Trackback(0) | ちょっと疑問

色んな意味で おぉ

お早うございます。motasukeです。
連日眠れぬ夜を過ごされている人も多い、トリノオリンピックですが
残りあと1日となりました。
でも私は最近疲れからか夜12時ぐらいになると、睡魔に襲われて
とてもテレビなど見ていられませんので、リアルタイムでは何も見ていない
話題に今一つ遅れをとっているおじさんです。

さて、先日の事ですが、昨年購入した CANON EOS Kiss-Digital N の
キャンペーンとして展開していたパーカーが届きました。




これって親子パーカーなんですが、子供達は誰一人着ようとはしません。行き先は学校のバザー?

 勿体ないので、親用は私の室内着として、大活躍中!
昔のロックグループをもじったデザインですが、当然今の子供達が
知るはずも無く、ただの恥ずかしいデザインの服になってしまってます。

意図はカメラを購入する年代には分かるのだが、
 親子パーカーと銘打つのであれば、CMのキャラクターに拘らなくても
  よいのでは、と思う。これでは寧ろ逆効果?

広告業界の先進的感覚に私が単について行く事が出来ないだけなのだろうが、
これからはより年齢層の高い年代が人口の多くを占めるのだから
広告会社やプロモーション企画会社はその辺りをもう少し
考慮した方がいいのかなぁ、と思う。

広告ついででなんですけど、
社会的には受けているかもしれないが、どうも個人的には…
というCMが最近目に付く。
あるプロジェクトには当然一貫して大手広告会社に委託して
作られているはずなので、
そうした一連の広告を目にする事が当然増えるのだが、傍目には作り手が同じなのが
ありありと見えて来て「またこんな事してるのか」とガッカリする事が多い。

クライアントとの折り合いもつけながらの仕事で苦労も多いと思いますが、
もうすこし進化したものをクリエイターには期待したいな。
私にはそうした感性がないので、才能のある人達にインスパイアされる
しかないので勝手なお願いですけどね。
2006年02月26日 | Comments(4) | Trackback(0) | ちょっと疑問

アタック25

motasukeです。
エントリをしようと、フト、トップページにあるカレンダーを見た。

  すると

 どうだろう。昔、日曜日の午後放送していたクイズ番組
     『パネルクイズ アタック25』の様に色分けされている

 真ん中の『15』に入った色で、画面全部がひっくり返る
     大逆転を感じさせる、ワクワクする様な展開

      (厳密には、そうならないが)

話の見えない、若い世代の方、申し訳ない。
   要するに、オセロみたいに同色で挟まれたら
     アナタの色に変わります っていうゲーム

      益々分からなくなってしまった。スミマセン。


時として、計算外の展開になるのが世の常だからね。
こうして今月もまた毎日の更新ができずにいる現実が目の前に

 「継続は力なり」とはよく言ったものだ
   なかなか継続して物事進めるのは容易じゃないね。
2006年02月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う

女子フィギュア

motasukeです。今日この話題は避けて通れませんね、

     女子フィギュアスケートの荒川選手の金メダル!
     んー凄い!!!!  世界一!

     村主選手 4位  メダルを取っても何ら不思議じゃなかった
              ノーミスでの演技は能力全てを出したと思う

     安藤選手 初のオリンピックで大健闘
          4回転ジャンプに挑んだチャレンジ精神に脱帽!

オリンピックの大舞台でそれぞれが見せてくれたパフォーマンスは
世界屈指の女子フィギュア王国と言ってもいいと思う。

私が聞いた試合後のコメントは安藤選手だけだったのだが、印象深かったのは
自分にしか飛べないジャンプへ挑戦する事の想いの強さ。

 「男子でも飛べる選手がいるのに、飛ばないのはズルイ」
  出来る事をしないのは、おかしいという意味合いの発言。
物凄いプレッシャーの中で、自分の持てる可能性へチャレンジするその
姿勢は金メダル級だと言える。

各競技において、各々の選手が胸に秘める想いは違うだろうが、
彼女がトリノでのオリンピック当初より口にしていたのが、
「メダルよりも、自分の演技を見た小さい子供達に夢を与える事が出来れば」
というものだった。弱冠18歳の女子高校生が夢の大舞台で自分が嘗て感じた
ものを今度は自分が伝えようとしている姿に、純粋にスポーツを愛する心を
感じた。

男子スピードスケートの加藤選手も二十歳の青年だ。今回のオリンピックで
感じたのは、一流選手というのは、我々一般人が想定すらできない状況下で
戦いを繰り広げているにも拘らず、いや、繰り広げているからこそ、その
年齢からは考えられない程、精神的にタフである事を感じた。

自分に満足のいかない結果に終わっても、インタビューにしっかりと対応する
事など、彼らと同じ年齢の私の学生時代には到底できない事だった。当時の私
と言えば競技は違うが、表彰式では余りの悔しさに、それを見る事すら
出来ない自分だった。

オリンピック選手達の日本という国の代表として日の丸を背負い、
世界の強豪と戦う時点で常人とはかけ離れた精神力を持っている事を
思い知らされた。
一流になる事は競技以外の点に於いても、また一流である。

そうしたレベルでのパフォーマンスを見るという事が、感動し、憧れになり、
我々に夢を与えてくれるのではあるまいか。
プロ野球のイチロー選手が最高のプレーを見せる事がプロであるとする
彼のポリシーもその延長上にあると思う。

安藤選手に話を戻すが、彼女はまだ18歳。今回金メダルの荒川選手も8年前
の初めてのオリンピックでは、今回の安藤選手と同じぐらいの順位だったのだ。
今後の彼女に更に注目しよう。

最後3選手には改めてお疲れ様と感動を有難う!

「企業経営」

motasukeです。
会社の将来展望で、どこまでを考慮して
つまりどのくらい先までを考えて現在の意思決定をするべきか。

将来を考えれば、今無理をしてでも実行すべき問題がある。

家康ではないが、『重き荷を背負うて、遠き道を行くが如し…』
  と分かっていながらイバラの道を選び、歩んでゆくのは難しい

 今夜はチト考えよう。
2006年02月23日 | Comments(4) | Trackback(0) | 仕事

国会 党首討論

今日行われた国会での自民・民主の党首討論は、国会の質を問わ
れるものだと言っても過言ではないだろう。

永田議員は勿論、民主党の国会対策委員長の野田氏や前原代表の
責任論まで及んでいる。
尤もな話で、新しい情報を提示しなければ負けるのが分かって
いながら提示しないのは無いととられて当然。

子供のケンカじゃないのだから、確証があるなら直ぐ提示、
あるのに提示できないのなら、最初から永田議員など使わずに
党首同士で取引する。確証が無いのなら、最初から一個人議員
の質問とし、せめて国会対策委員長の責任論止まりで良し。

こんな簡単な戦術が採れないで、どうして次の日本を背負って
立とうと言えるのか。
まぁ、良かったのはメール疑惑を最後に持ってきて、時間切れを
待ったとしたのは苦肉の策でも、頭から持ってこなかっただけ
マシと捉えよう。

これじゃ、民主党内部が前原降しの為に、わざと失敗する様な
戦術を取らせたと思わざるを得ない。
政治の世界は誰が本当の仲間か分からないね。

自民党も全くのシロだったら、強行に相手を潰しにかかるだろう
から、ナニかあるんでしょうね。ナニかがあるのが日本の政治。
この件はもう終わりにして、前のエントリにも書いたように、
早く他のもっと大事な話へ移ろうよ。

風水によれば

何ナニ?風水でみると2006年のラッキーカラーは
ワインレッド、ゴールド、ラベンダーになるとの事。

え?でも二日ほど前に見たサイトでは、赤、青、水色だったのだ。
それに合わせてテンプレートを修正して水色ベースにしたのに…。

左右にあるメニューのベースカラーがワインレッドやラベンダーでは
女性的なイメージが強すぎる気がするので、ちょっと躊躇ってしまう。
ましてやゴールドなんてカラーは216色ではでないから、これは不可能。

プレビューで試しに変えてみるか。
予想では残りのワインレッド、ラベンダーは合わないと思うけどね。
2006年02月21日 | Comments(4) | Trackback(0) | 自然・環境
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。