スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

良い年をお迎え下さい

皆様こんばんは、motasukeです。
もうすぐ2005年が終わり、2006年になろうとしています。
社会的には事故や厭な事件があった年でしたが、
来年が良い年でありますように、縁起物で亀さんをアップします。

P1000253-1.jpg


亀は千年というくらいですので、皆様、健康で良い年をお迎え下さい。
来年もどうぞ宜しくお願いします。

今年の多くの出会いに感謝し、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
2005年12月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ

ちょっとお遊び

こんばんは、motasukeです。

フォトショップで遊んでいたらこんなものができました。
IMG_0708-2.jpg


人様にカミングアウトできるような顔ではないので、
まぁ参考出品ということで。
2005年12月29日 | Comments(4) | Trackback(0) | つれづれ

洗濯日和

関東地方はピーカンです。
こんにちは、motasukeです。
IMG_0700-2.jpg


徹夜明けで太陽が眩しいくらい、晴れてます。
そこで、溜まった洗濯物をせっせと干してます。
今日の天気ならすぐにでも乾きそうですので、洗濯機フル回転~。

フト、パソコン脇の花瓶に目をやると、プリズムの様に
光の屈折が見られたので、パシャリ。
政治家がよく、玉虫色の発言を…などと書かれますが、
こんなにきれいな色の表現をそんなところでは使って欲しくない
そんな気持ちにさせるくらい美しい。

写真の腕前はもとより、アップロードする時にどうやれば画質が落ちなくて
適度な大きさのファイルになるのか只今お試し中につき、
今ひとつ伝わらないと思いますが、自然はいいなぁ、と。


IMG_0702-3.jpg


その一方で自然が人智の及ばないところにある事をまたもや思い知る
事故が起きましたね。

亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方の早期回復を祈ります。
2005年12月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ

毎年暮れになると

来年はこうしよう!などと目標をたてたりするものですが、
今年を振り返ると殆ど未達成の様な気がします。

こんばんは、motasukeです。

鬼に笑われてもいい!今から気合を入れて来年の目標を立てないと
ズルズルいってしまいそうです。

私自身としては、頑張ってきた1年ですが、当初の目標として
掲げた課題は
クリアできていない状態です。

一体どこまで頑張れば、そこへ到達できるのでしょう。
そんなに難しい事を挙げているとは思えないのに、どうもねぇ。

今夜はちょっと悩みモード。人生は問題が山積みされた中を
進むようなものなのでしょうか?

こんな時には、皆さんのブログへお邪魔して、元気を分けて貰う事にしようっと。
2005年12月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ

一人のクリスマス

一人です。さ、寂しいです。  motasukeです。
子供達が冬休みになり、妻の実家へ今日から遊びに行ってしまい、
家には私一人です。

ヒュー、ヒュー。

仕事から帰ってきたら、家は真っ暗&部屋は寒いです。
夜中には、送っていった妻も帰ってくるでしょうが、
聖なる夜とはいえ、家の中が静まりかえっています。

と寂しさを表現しようとしましたが、ところがどっこい、
私にも昨夜サンタがやって来ました。

IMG_0698.jpg


ニンマリ。パパ、とっても嬉しいです~。
一人でも寂しくなんかないです。気持ちがあれば、心もあったかい。

メッセージ付きのプレゼントのおかしをくれたのは、下の娘です。
この子は、以前から、私に手紙をくれたりして、
なかなか良いところがあります。特に誰かに促されているのではなく、
自分でちょいちょい、っと書いてしまうんです。時にはイラスト付きで。

大人の私達が無くしたものを、しっかり胸に秘めている。
そんな感じがして、我ながら自慢の娘なのだぁ。

クリスマスだから、こんなヨタ話も許してね。
皆さんにも素敵なクリスマスプレゼントが来ましたか?
2005年12月25日 | Comments(7) | Trackback(0) | 家族・教育

羨望の眼差し

こんばんは、motasukeです。
ミュージック・ステーションの特番を見ていて、
再確認したのが、生まれ変われるなら、シンガーがいいね

歌が上手いっていうのは、それだけで花丸ですね。

会場の人達の目がキラ~ン、になっていたり、ウルウルになっていたりと
しまいには出演者誰にでも、大盛り上がり。
あなたは一体誰のファンなの?って聞きたいくらい、既に会場の
雰囲気に酔ってる感じ。

個人的には歌を聴くまでは、この人誰?何ていうグループ?な人も結構いましたが、
曲を聴くと、聞いた事のあるものばかり。(車内学習の成果かな)

歌が上手いなと感心したのは、ドリカムの吉田美和ちゃん
images.jpg

音楽的にも完成度の高さを感じ、あれだけ歌えればどんなに楽しいだろう、
とオジサンしきりに感心。まさに羨望の眼差しですよ。
2005年12月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ

雪といえば

お早うございます、motasukeです。

気が付いたら朝になっていました。また更新しそこなってしまった。う~ワン。(意味不明)

20051223080901.jpg

(写真はフリー素材をお借りしました)

さて、日本各地で雪が猛威を振るっていますが、雪でフト思い出したのが、
学生時代の事(昔を思い出すのはオジさんの特権か)。
秘密基地とも言われていた母校は東京でも東京じゃないと言われていた八王子の
そのまた田舎の山の中にありましたとさ。

山の上に有るので、大学に辿り着くまでには坂道を登るわけですけど、
入試前日の夜、アパートの先輩に
「雪かきのバイトするか?」と声をかけられ、雪の中をじょいやさ、じょいやさ
と大学の入り口の警備室へ行き、記名捺印し、スコップを手にし、いざ雪との格闘へ。

私は受験生の為、自分の生活の糧の為、結構急な坂道を
「そうだな、せっかく受験に来てもらうのに当日スベルなんて状況はイカンな」
と深夜まで作業は続きました。

当時のバイト料としては、破格の8000円を手にしたような記憶があります。

その他にも、都内では2、3センチの雪が降れば、アパートの近辺は10センチぐらい積もりますが、
そんな雪の中をバイクで遊びに来る、常識を裏返すような先輩もいたなぁ。
どうやったら、2輪という不安定な乗り物で、雪の中を来られると思います?
普通は考えられないですよね。挙句の果てには更に振り続ける中、
「これ以上(積もると)だとマズイから、帰る」と言って、リアタイヤを滑らせながら
今度は八王子から都内へ帰っていきましたよ。既に10センチ以上積もってましたけど…。

とまぁ、単なる昔話でしたが、お付き合い頂きまして
有難うございます。


雪が積もっている、各地の皆様、足元には十分気をつけて、
ケガなどなさらぬようにして下さいね。
2005年12月23日 | Comments(4) | Trackback(0) | つれづれ

おや?手が荒れている

日本全国に寒波が来ていますね。motasukeです。

今年の冬は急襲という表現がぴったりですね。
11月までは、比較的穏やかでポカポカ陽気だったのが、
この約ひと月で急激に寒さが厳しくなりましたね。

関東の平野部以外の日本全国が雪に見舞われている感じで、
10年来の大雪から40年ぶりの大雪まで、とにかく記録的な大雪ですね。

私は比較的寒さや冷たさには強い方で、台所等の水まわりでも
結構手が赤くなるくらい冷たくても余り苦にならないんですけど、
どうやら単に神経が鈍いだけのようでして、
気が付いたらいつの間にか、手がガサガサしてました。

あぁ、白魚のような手が自慢だったのに…
ここ数年来、家族にこの白魚のような手が…と話しても、
一体何言ってんじゃい、くらいのリアクションしか返って来ません。

鈍くなってきたのは手の感覚だけではなく、視覚もなのかな?どうしよぅ。

娘にと買ったハンドクリーム(アロエ入りなのだ)を帰って来ては
せっせと付けてはみても手の指の関節部分が、ガサガサしてます。
幸い、手のパーツモデルはしてないので(あったり前ですが)仕事にならなくは
ありませんが、娘に逆に驚かれてしまう始末。

でも、こうした事も子供達とのスキンシップにはなるんですよ。
「ホラ、パパのここんところ、いつの間にかガサガサしてんぞ」
なんて具合に。何事も良い方に考えればいいのだよ。ハ・ハ・ハ。

季節柄皆さんも肌荒れには、ご注意下さい。
特に女性は大変ですね、スキンケアしませう。
2005年12月21日 | Comments(4) | Trackback(0) | つれづれ

子供達の声

こんにちは、motasukeです。
我が家の近所には小学校があり、校庭からよく子供達の遊ぶ声が
聞こえてきます。

undo.jpg

(写真と内容は直接関係ありません)

何げないこうした子供達のふざけ合う声も、考えてみると平和な暮らしの象徴です。
ハリケーンカトリーナの被害に遭ったアメリカのニューオリンズでは
役50程あった公立学校の内、再開できたのは10校にも満たない状況だとか。

地震のあったパキスタンでは、救援物資が届かず、7000人の村が生存者150人余りになりました。

日本でも痛ましい事件が後を絶ちません。

子供達の遊ぶ声、笑い声、はしゃぐ声、
時には煩わしいと思う事もあるでしょう。

それでも子供達には何の悪気もありませんし、
子供達は私達の未来でもあると思います。

彼や彼女との二人だけの世界も素敵ですが、
  それを全てとしないで、家族の輪を広げていきませんか?

少子高齢社会は、その文明の終焉へのステップに既になっているかも知れません。

という事で、

  皆さん、子作りしましょ。励みましょ。 (少々話題には時間が早いですけど…)
2005年12月20日 | Comments(2) | Trackback(0) | 家族・教育

あなたはEVA?

motasukeです。
恐らく一生これだけの花束はもう二度と貰う事もないだろうと、
セッセと記念撮影しておりましたら、

なんと、エヴァ弐号機が隠れてました。




あれ?ゴメンナサイ。つまらないもので。真面目にエントリします。
しかしそっくりだなぁ。
2005年12月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。