スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

振り付けはキレだね

motasukeです。
つい今まで、民放でゴールデンタイムに放送していた歌番組の
録画を少しばかり見てました。

お目当ては『修二と彰』&『倖田來未』だょ~ん。
こちらを見ていて一言、ダンスはキレだ!修二と彰君達は口パクの様でしたが、
いいのいいの、気にしない。

この3人は年齢で言えば私の役半分ですが、まぁ体のキレル事。
『青春アミーゴ』は年末に向けてレパートリーにしようと思ってましたが、あの振り付けはできそうもないので、
その後にやっていたサザンの曲に乗り換えようかなぁ。

くぅちゃんといい、サザンの曲の時のダンサーのオネエサンといい、最近は見ているこちらが
チト目のやり場に困ってしまいます。海の向こうのアメリカでは当たり前かも知れませんが
日本でもエンターテイメントでは肌の露出が多くなって来てますね。

あれ?何の話でしたっけ?

そうそう、踊りのキレの話でしたね。
以前は軽快なステップがいい時代もありました(流石に私より上の世代ですよ)
キレという事で頭に浮かんだのが、MJ、マイケル・ジャクソンですね。
『ビリー・ジーン』やお馴染み『スリラー』などでのステップはカッコ良かったですよ。
ケビン・ベーコンやトラボルタの70年代のステップとは全然異質ですね。
決してどちらがイイという問題ではないので、誤解の無きようお願いします。

3曲程しか見てませんが、個人的には十分満足しまして、
これで今年は紅白見なくてもいいかな、なんて思ったりしました。

歌って踊れるエンターテイナー。生まれ変われるならなってみたいものです。
コンサートなんて自分を見に何千何万という人が来るんですから、
一度味わったら病み付きになりそうですよね。
才能っていいなぁ。

最近、芸術関係に関して羨望の眼差しのmotasukeでした。
スポンサーサイト
2005年11月30日 | Comments(7) | Trackback(0) | つれづれ

ブラピ&アンジー

motasukeです。
映画『Mr.& Mrs.Smith』のプロモーションの為に主演の二人
プラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが来日し、
昨日記者会見しましたね。

何でも二人は付き合っているとか…。本当かね。
待てよ、中村獅童と竹内結子もそうだったね。
役者として演技をしていると、感情移入してしまって、どこまでが本心か分からなくなりそうだよね。

そうそう、だから私は役者にはならなかったんだ。ハ・ハ・ハ。


だって、女優さんに「そうか、俺の事好きなのか~」なんて勘違いしてたら、
真実を知った時に立ち直れないじゃないですか…。有り得ないか。


そんな事がどうでもいいけど、ブラピとアンジーが付き合っているらしい、
という憶測が流れてから、公の場にツーショットで出てきたのは初めてなんだそうだ。

ここからがスゴイ。世界のトップスターは肖像権にも厳しく、
今回の来日した時の映像は海外には決して流さないで欲しいとの事。
肖像権がらみで依頼しているのか、
或いは本当は付き合ってなくて「あの人と付き合っているとは思われたくない」のか
定かではありませんが、記者会見でもプライベートに関する質問は
一切受け付けなかったらしい。

日本の芸能レポーターが会場にいたかどうかは知りませんが、
国内での記者会見では、同じ様な状況でも結構ストレートに質問してますが、
世界のトップスターはやはり踏み込めないオーラがあるんでしょうね。

今回見る限りでは、ブラピは『River Runs Through It』の頃のキラキラ光線が
失せてしまった様な印象でした。B000244RQC.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg


逆にアンジーは映画の中よりもイイ女になってるって感じ。

恋をすると女性は美しくなる。と言いますので、相手は兎も角、
アンジェリーナ・ジョリーは実生活が充実していそうです。

俄か芸能レポーターmotasukeの感じでは、二人が付き合っているとは思えませんが。
もし付き合っていたのなら、相手に対する質問が出ても眉一つ動かさずにサラリと
話を逸らせるのだから、恐るべき演技力、さすが世界のスター。アカデミー賞ものですな。

以上、最近のアイドルの区別がつかないmotasukeでした。

エビちゃんって誰かに似てるけど、それが誰なのかも…。

Happy Birthday




こんにちは、motasukeです。
昨日は長女の誕生日でした。早いもので12歳です。

という事で恒例の『お誕生日ケーキです』が、いつものケーキ屋さんがお休みという事があり、
今回は違うお店で購入。相変わらずの当日ドタバタで御免よ娘。

そんな事は例によって、甘い物大好き家族な我が家はノープロブレム。
モンブランが好きな長女のリクエストに合わせてちょっと大きなモンブラン。
味はどうかなぁ~、と皆で♪Happy birthday to you …♪を歌ってからパクリ。

にんまり~ 幸せ~ 

2005年11月29日 | Comments(8) | Trackback(0) | 家族・教育

昨日の夜は…

motasukeです。
昨日の夜は…という邦題の『About Last Night』という、
当時映画の世界ではメチャモテ(?)のロブ・ロウ主演の映画がありました。
ずーっと、ずーっと後になってから相手役の女性が
デミ・ムーアだと分かり、驚き・モモの木・サンショノキ(何のこっちゃ)。

公開当時は学生でウブだったので、スクリーンを見て良いのやら悪いのやら、かなり困りました。
ま、今見ると「ハ・ハーン。そう来るかい。」としっかり分析&観察(何をだ?)

いわゆる青春モノってやつで、相手に束縛されたくないとか何とかで、
テーマとしては今でも充分通用するんでしょうね。
「今の自分がそうかも…」と思ったアナタ、

アナタの青春度は100%でもあり、50%でもあります。
そんな事を悩んでいる時点でどっぷり青春してます。
だから、100%です。


じゃ、50%って何かと言うと、
束縛されるっていうのは、相手がそれだけ想いを募らせている
事なんだから、そんな自分に酔いしれないと駄目出し。
いつまでもそんな束縛しようとする人がいると思っちゃいかんよ。


イカン、イカン。前振りで始めた 昨日の夜は…だったのに。
本当に書こうと思ったのは、

単に、昨日の夜は余りの疲れで12時前に寝てしまったとさ。
という反省を書きたかったんだい。

時々思うんだけど、1日はどうして24時間しかないのかね。
30時間くらいあれば、もっと楽しいのに。

そうでなければ、睡眠時間3時間で充分な体が欲しい。

どっちも無理だね。
何をいわんや。無理だと思われる事に挑戦する事に意義がある!
♪そうとも、それが青春だ~♪

 ~~ あなたの心に残る懐メロ、お待ちしております ~~

本日のまとめ
『昨日の夜は…ぐっすり眠ったので、今日はまだまだこれからー』
何てったって、明日提出の資料が出来てません。
本当に終わるのか不安モード突入!
それを何とかする為に皆様の応援をお願いします。
右斜め上45度の角度で『motasukeぐゎんばれ~』と。
2005年11月27日 | Comments(2) | Trackback(0) | つれづれ

ちょっと嬉しいお話

motasukeです。
なんか非常に個人的な感想で皆様には申し訳ありませんが、
「うっほほ~い」てな感じに嬉しい事があったので、ご報告を。

ブログを始めて数ヶ月となり、私にとって段々ブログの存在が
大きくなり、最早生活の一部と化してきました。

様々な方のブログにも訪問させていただきました。
小生、何せ恥かしがり屋なものですから、まだまだ拝見するだけで
コメントを残せないでいる方も大勢いらっしゃいまして、
その方々には大変心苦しく思っております。
この場を借りて、お詫び申し上げます。もう少し待っててね。
エイヤ!と気合モードにてコメントさせて頂きますので。

えっと、それでですね。

2005年11月26日 | Comments(8) | Trackback(0) | つれづれ

冗談も場面を考えないと

こんばんは、motasukeです。
耐震強度偽造問題で渦中にある、建築主の一つである
ヒューザーの社長ですが印象がよろしくないですね。

設計の偽造が発覚して、周知の事実だったのではないか、とコメントを記者から求められて、
「余りにビックリしたので、心臓発作を起こさずに今日までいられるのが不思議なくらいです」と
冗談交じりに話していたのを見ました。

これは如何なものかと…。

人命に関わる大問題であるとの意識が、余りにも薄すぎやしませんか?
問題意識というのが感じられません。

これ以上書くと、過激な表現になりそうなので、止めます。
あの人、社長辞めたほうがいいと思います。勿論責任はとってからね。

京都に行きたいなぁ

こんばんは、motasukeです。
今朝日テレの『ズームイン朝!』で京都は嵯峨野のお寺からの
中継を見ました。
お寺の名前は忘れましたが、2000坪の庭園にはそれはもう
ワ~ンダフル、ビュ~ティフルな見事な紅葉でした。
あたり一面が真紅ではなく、黄や緑の中に赤があるというもので、
日本人に生まれて良かったなぁ~。四季があるって素晴らしいなぁ~。と朝から我を忘れしまいそうでした。

昨日も嵯峨野からの中継で、二尊院からの中継でした。
京都っていいですよね。ここ何年も「行きたい、行きたい。よし今年こそ」なんて意気込みはあるんですけど、なかなか実現できずにいます。

♪京都には いくつかの 思ひでがぁ~あるぅ♪(何故か吉幾三の『酒よ』のメロディーで)
♪あれは確か19だったよね♪(チューリップかな)
すみません。全然分かりませんよね。
えー、学生時代にですね…。フ・フ・フ・フ。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・ って、ナイショ。言えませんよ。

思い出が走馬灯の様に…、あぁ青春っていいなぁ。

別に特別素敵な思い出があるわけじゃないんですけどね、
京都って兎に角、憧れなんですよ。

仕事が一段落したら、なんて思っていると何時まで経っても行けないんですよ。
やっぱり清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで
割り切っていかないと、何か一生行けそうにありません。

よし、早々と2006年度の目標設定!
   京都へ行くぞ!

という事で、夢がかなうかもしれない手帳に書き込んで
朝に晩に声に出して読んでみよう。
夢が叶うかもしれない。
2005年11月24日 | Comments(5) | Trackback(1) | つれづれ

プーチン渋滞

お早うございます。motasukeです。
ロシアのプーチン大統領が来日してますね。
昨日は首相公邸で歓迎夕食会があったそうです。

大変あり難いことに、都内は大渋滞だったそうです。
おかげさまで、そこから当方へ向かう車がそこにハマッテしまい、
待ち人はいつまで経っても来ませんでした。
当初の予定より2時間以上も遅れてしまいました。

プーチン君、北方領土も返さないで、チミは何しに来たの?
まさか東京渋滞作戦を展開しに来たわけでもなかろうに。
経済交流は大事でしょう。確かに。
記者団と企業者ばかり同行させて、鳴り物入りで来なくてもいいよ。

と勝手な想像でばかり書いてしまい、反省。
(年々弱腰になってまいりました 世の中権力に逆らっても空しさが…)

今現在調べたところでは共同声明の内容が分からないので、
テレビでも見てみよっと。

それではまた来てね。
2005年11月23日 | Comments(4) | Trackback(1) | つれづれ

そして誰もいなくなりそう

仕事の合間にリフレッシュします。motasukeです。
イラストレーター奮闘中。

さて、ホークスの城島選手がアメリカ大リーグのマリナーズと
3年契約したそうです。

その昔、バンバ・バン(漢字思い出せません)という投手が
とてつもなくデッカイ敵を倒す為に、自らがそのチームに入団するというマンガがありました。
そうです。『侍ジャイアンツ』です。でっかい敵というのは、読売ジャイアンツだったわけです。

Vodafoneじゃありませんが、世の中ボーダーレスになって
日本とかアメリカとか感覚が一緒なんでしょうか。

確かに大きい舞台で自分の力を試してみたいという想いがあるんでしょうし、
○○さんもあれだけ活躍しているんだから、俺も… と考えても、さもありなん。

メジャーリーグで活躍する人にすれば、そこが夢の舞台って事ね。
という事はそこにいけない人にとって、日本のプロ野球ってどういう存在なんでしょう。
主力選手がみんなメジャーに行ってしまうのか。


う~ん。


あっ、そうか!

なーんだ。大丈夫じゃないですか。
何故って、メジャーで通用するかどうかなんですし、
どのスポーツでも世界最高峰の舞台は存在してますよね。

プロの世界でトップリーグでやっていけるかどうか、
更にその前にそこへ辿り着けるかで、ふるいに掛けられるわけですよね。

トップへ行けないからとそのスポーツから身を引くわけじゃないですね。
寧ろ、上があるから夢を追いかけて努力するんだな。
うん、うん。
活躍する国がどこでもいいじゃん。

という事でタイトル変更。
『そして寂しくなるのは、チームを応援していたファンだけだ』
一時的にはチームのファンとしては、寂しいだろう。
でも、その次に出てくる若い選手を見守るという新たな楽しみもまたあるからね。
日本プロ野球界を憂いても仕方がないね。

最終タイトル決定。
『ガンバレ、古田!君の肩には日本球界が乗っている!』
こんなんで、どうでしょう。

構造計算書偽造だと?

motasukeです。心の平安を求めて幾星霜。
ようやく訪れかけていた矢先にこのニュース。
千葉県民としては恥ずかしいニュースですね。
皆様既にご存知の構造計算書偽造問題です。

当初より渦中の設計事務所の方の対応が変でした。
まるで、みんなやっている業界標準なのに何でオレだけ?とでも言いたげでしたね。

今回明るみに出たのも氷山の一角と見る向きもあるようです。

疑いだしたらキリが無い、世の中。人を見たら泥棒と思え、とか。

こんな世の中で、将来を明るく支えてくれる心豊かな子供の成長が見込めるのだろうか。
勿論多くの人が真面目に働いている事には違いない。
ことさらに物事騒ぎ立てるのも悪い風潮ではある。

それでも敢えて申し上げたい。
お金が全てとまではいかなくても、お金至上主義的な社会では
清く正しく美しくは、生きてはいけまい。

学校教育でも「道徳」の時間が無い。というのはどうもおかしい。
心が荒んでいては、何が正しくて何が悪いのかナド判断できる方が不思議に思える。

何か問題が起きると、その原因を追究する事は必要でしょう。
でも、あまり問題を絞り込んで見てしまうが為に、根本的な問題に辿り着けず、
次々と起こる問題にアクセクやっつけで対応するばかりでは、
次に起きる問題を事前に回避する事は不可能ではあるまいか。

決して今回の偽造を問題視していないのではない。
当事者の心中を察するに、行き場の無い怒りが、途方に暮れる虚脱感がおありでしょう。
住民の方への一刻も早い対応を望みます。

それと同時に、人としての心の在り方を考え直さなければ
果たしてこの日本という国の将来はどうなるのだろうか。

子供達は大人のしている事をよく見ています。
かの設計士さんに子供はいないのでしょうか。
いたならば、どう感じているのでしょう。



 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。