スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

かなり疑問

先日エントリーした大阪市ですが、明日30日には夏の賞与がでるそうです。財政は依然として健全化されていませんし、職員の厚遇やカラ残業が明るみに出ているにもかかわらず、一般職員(平均41・4歳)の平均支給額は6505円増の88万926円となるとは、世の中、これでええんかい! 全く開いた口が塞がらないとはこの事です。

今すぐ、今すぐにでも大阪市民の皆さん、地方税を払うのを止めましょう。同じ納税者として感じるのは、自分達の税金がこうも無駄に使われていていいのでしょうか?

今の税調が出した答えは「サラリーマンの人にはもっと頑張ってもらいましょう」と増税です。小泉首相も「今のままでは歳出をおさえるだけでは財政が成り立たないという認識はあります」と言っています。解釈にもよりますが、増税を暗に示しているとの見方もできますが、ここは、だからこそ増税ではなく、今よりもっと、無駄を通り越した理不尽で悪の権化の様な間違った歳出を減らす事を先ずしてもらいたい。

首に鈴を付ける機関が上手く機能していない事は明白で、今の社会システムが限界にきているのではないでしょうか?
一向に減らない不正(そんなものはどこでもあるよ、とか、今に始まった事じゃないでしょう。と言われるかもしれないが)にいい加減、日本国民は怒ってもいいんじゃないのかな。

この時期、こちとら消費税、市民税、自動車税、重量税、リサイクル法に基づく費用とかで、もっていかれるばかりだ。
TVタックルも疑問を投げかけ、ヤンヤ、ヤンヤの大騒ぎだけで終わらせないで、しっかりとした提言なり回答をもらうよう詰め寄るぐらいの事は出演している先生方にはお願いしたい。
ギャーギャー騒ぐだけなら、私の様な一国民にもできる。でもそうした庶民の声は【お上】には聞こえない様子なので、この国の未来を託せそうに無い。
まともな役人や議員の方にもっと奮起をしてもらいたい。そういう人を応援します。

余りにも頭にきたのでチョッと過激な表現があったかもしれません。不快に思われた方には申し訳ありません。
スポンサーサイト
2005年06月29日 | Comments(0) | Trackback(1) | ちょっと疑問

スタートでつまづく

いろいろ試してみながらブログの更新をしていますが、正に七転八倒っていう表現がぴったり。

プロフィールの画像を読み込ませるだけで、オー・マイ・ガッという始末。

これでは本文中に入れるまでに日付が変わってしまいそうなので、画像入りはまた後日。

スタートのピストルの合図は聞いたが、どちらへ走り出せばいいのか判らない様な感じとでも申しましょうか。直感的にこうすれば、こうなるな。というユーザーインターフェイスに早くならないかなぁ。

もしかして、既に多くの人とのイメージがずれているからみんなが簡単に思える操作ですら、自分のイメージがずれているだけかも知れないという一抹の不安を感じた一日でした。

寝返った元Macユーザーの私がいけないのさ。フン。
でもあれから一体何年たったのだろう?最後に買ったMacはG3だった。やはり思考回路がレガシー化しているに違いない。

とここで終えたらいけない。何といっても、プロフィールに書いてある様に目標は今いる自分の場所よりも次のステージなのだから、前向きに一歩一歩進んで行こう。

昔お気に入りだった『Step by step』のサビのフレーズ(ここしか歌えない)を口ずさみながら…。ト・ホ・ホ
2005年06月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | パソコン関係

信じていた事

幼稚園へ通っていた頃、信じていたのは【ガキ大将】でした。
余りにも遥か彼方の記憶なので、どうして【彼】が自分を認めていた(というより、いつも一緒にいた)のか不明です。一緒に悪さをしていたわけでもなく、おべんちゃらを言っていたわけでもなかったのですが、【彼】は私の言う事はよく聞いてくれていました。

ゴ~メ~ン~ナ~サイ~。悪気は無かったのですが、子供って他人の持っているものが無性に欲しくなりますよね。そんな時、私は【彼】に

あれ、ほしい。

と言っては物欲を満たしていました。本当に申し訳ありませんが、そんな【彼】をあるいは、そうなる結果を私は信じていました。

一体どうしてそのような仕組みになったのかは、当時は知る由もありませんでした。

今、仮に自分の子供がそのような被害に遭っていたとするなら、ワナワナ怒りに震えているかもしれません。なんて愚かな事をしていたのかと、自己嫌悪です。

30年以上も前の事ですので、それらの事件は時効でしょうが、今回のお題からは想像も付かない話題になってしまいました。おそらく皆さんは、なれると信じていたヒーローとか夢について書かれる方が多いんでしょうね。

あの頃、金色の折り紙を奪ってしまったのは、この私です。ゴメンナサイ。

あれ?余りにも拍子抜けするような『欲しい物』でしたでしょうか?まだまだ世間ズレしていなかった無垢な私がそこにいましたとさ。
2005年06月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ

アイス大好き家族

毎日毎日、暑いですぅ~。そんな時に以前おじゃました 『酔芙蓉に恋をして』さんの記事を見て、「そうだー、今夜はアイスを買って帰ろう」と思いました。

我が家は5人家族なので、私がアイスを買って帰る時には、5の倍数で買うんです。どのアイスにするかは、その時にそれぞれの顔を思い浮かべながら、好みなんかも必死に思い出すんです。これ結構楽しいですよ。

家に着いてテーブルに買い物袋を下ろしながら「アイス買ってきたぞー」と言うと、子供達はもう大喜び。「うー、アイス大好きー」なんて言いながら抱きついてくるんです。このときばかりは、う~ん、幸せ!なんて一人悦に入ってしまいます。ささやかだけど、こんな日常に幸せを感じられるって、本当に幸せだなぁ。と思います。

さて、今日はどんなアイスを買って帰ろうかな。
2005年06月26日 | Comments(2) | Trackback(1) | 家族・教育

ポッターな夜

ただ今、遅まきながら『ハリー・ポッター 不死鳥の騎士団』を夜な夜な読んでいます。これまでのシリーズは発売と同時に購入していましたが、何故か今回はタイミングが合わずに今頃になってしまいました。

娘が先に読んだのですが、「今回はあまり良い出来事が無かった」というコメントがあったせいか、主人公のハリーの心理状態がことさら今までに無い程イライラしているように感じます。

少年から少し成長し、いろいろな事を体験してきた中で、自分の思うようにならない事への焦りであったり、自己嫌悪からくるのでしょうか。そんなにイライラするなよー。と何度も感じました。

全く話は変わりますが、近頃、犯罪の低年齢化が起きているのか、あるいは今まで話題にならなかっただけなのかは判りませんが、未成年とりわけ10代半ばの少年犯罪がニュースで取りあげられています。

社会全体がストレスだらけで、そのはけ口というか良い解消方法はないのでしょうか?

『ハリー・ポッター』シリーズは私が考える心配など、吹き飛ばしてくれるような爽快感のある本であってもらいたい。と思います。恐らく今読んでいる時に感じているものはこれからやってくる試練への導入部でしかなく、最後(このシリーズの)には『こうでなくちゃ!』ときっと納得させられるのでしょう。
期待しながら、読み続けていきたいと思います。

頑張れハリー!皆が応援しているぞ。
2005年06月25日 | Comments(0) | Trackback(1) | つれづれ

カラなのにお金があるのね

世の中、おかしな物ですね。カラ なのにお金がでるなんて、まるで打ちでの小槌ですね。

さて、一体何の事かと言いますと、大阪市会計監理検討委員会は04~01年度で計2万5330件、返還総額約1億2290万円分のカラ残業を確認した、との事。

ふぅ~。成る程、4年間で1億2千万強ということは、年間平均3千万のカラ残業って事ね。

これだけあれば、近いところでは、阪神淡路大震災の被災者や、新潟でやはり震災に遭われた人達にどれだけの援助になれたものか。

もとより、地元大阪市でも、より効果的に人道支援にあることができたのであれば大勢の人が幸せになれたでしょうに。本当に残念です。

無い袖は振れない。と言われますが、地方・国を含め何とかならないんでしょうか。袖が二重になっていたり、バイパスの様にどこか別の所に袂があるなんて。

納得がいかないです。
2005年06月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | ちょっと疑問

goo RSSリーダー

姉さん、事件です。
ちょっとネタが古すぎましたね。昔やっていたTVドラマのオープニングでの決まり文句でしたが…。

本日goo RSSリーダーのタイトル表示欄の文字化けが起こりました。原因は全くもってシステムに関して素人の私には判りませんでした。記事内容(いわゆる本文)は問題ありませんでしたし、他のプログラムでの日本語表記も問題無し。再起動やデータを残してのプログラム削除でも駄目。システムの復帰をしても駄目でした。

まぁ、あまり考えても仕方がないので、RSSを丸ごと削除し、一からインストールしなおしました。

ここで判ったのですが、読んでいたRSSサイトのうち、再度登録したのは8つ。キーワードで再登録したのも8つ。
それまでは、それぞれ40と10ぐらいであった事を考えると、自分の整理の仕方が甘い事に気が付きました。全部に目を通せないのにそのまま登録していたわけですよね。結果的に情報に埋もれてしまっていて、なんとなく情報収集できている気になっていた、のではないでしょうか。
ニュース関連のブログも数多く登録していたので、まずタイトルから内容を判断し、本文を読むべきものを取捨選択していました。

いやいや、本当にまだまだですね。私という人は。

再インストールしてから考えた事ですが、記事の削除も60日に設定してあったように思います。必要なものはチェックをしておけば、それだけは別に「チェックをつけた記事」のところで読める訳ですよね、多分。

整理法とは、よく、棄てる技術だ。的な事を聞きます。まさに、言い得て妙、とはこの事です。

有り得ない話ですが、文字化けもRSSリーダーのこら、いい加減にせんか!とのメッセージ?
なんでもかんでも登録するのはまぁ、良いとしても、時折全体を見渡してこまめに整理しましょうね。

みなさんはどのように整理してますか?よかったら教えて下さい。
2005年06月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ

愛機 IBMA51p

私の愛○といえば…

それは愛妻と言いたい。でもあまりにも恥かしい(既に書いているが)ので、とりあえず、毎日こちらの要望に答えていつ何時でも起動してくれるパソコンかな。

IBM製のThinkcentre A51p なのだ。文句一つも言わずに働いてくれると書きたいところだが、年中文句を言ってくる。

それは、「あれ?壊れてる?」とメーカー出張サポートまでして確かめたファンの音。これまで何台もパソコンは使ってきたが、これ程大きな音には遭遇したことが無かった。夜中に、ガンダムが立ち上がるのかと思うほどの(フォォォォン)という騒音。つい、寝ている妻の様子を伺ってしまう。

まぁ、睡眠時間の少ない私についてきてくれているので、労働時間は夜~深夜プラス早朝なので、文句を言いたい気持ちも判る。

でもパソコンが無いと、情報収集ができないそりゃ困る。つまり、無くてはならない存在なのだ。だからもう少し大人しく言う事を聞いてもらいたいなぁ。

(文中お見苦しい表現があったかもしれませんが、私オタクではないのでカミングアウトしないでね)
2005年06月21日 | Comments(1) | Trackback(0) | つれづれ

キャンドルナイトにて

昨日の夜、キャンドルナイトを実行しました。偶然にも子供達の夕食時間が遅れたので、ロウソクの灯りで一緒に食事をとる事ができました。

私が帰宅するなり、「よし、デンキとテレビを消して『キャンドルナイト』やるぞ!」と言った時は、子供達も「え~?テレビみてるのみに~」なんてちょっと不満気。

それでも誰に似たのか案外素直に、作戦開始。とりあえずロウソクを灯して食事。

予想以上になかなか良い雰囲気で、心の中でガッツポーズ。子供達も最初こそ、「なんか貧乏生活みたい」とか「食べ物が見えない」などと言っていましたが、そこはやはり子供でして、すんなり環境に対応して、楽しく食事。3人の子供がそれぞれ次から次へと話をするものだから、私は会話の交通整理。環境問題について話をしたり、学校の事や〈ハリー・ポッター〉の内容など、いろいろな話に花が咲きました。

食事の後には、手で作る影で、それが何かを当てるゲームをしたりでちょっとしたキャンプの雰囲気。

家族で過ごす貴重な体験ができた事で、今日は今晩からの分のキャンドルを調達にいかなくては。と結構『キャンドルナイト』に味をしめた私でした。

皆さんも一度お試しあれ。
2005年06月19日 | Comments(1) | Trackback(2) | 家族・教育

もうじきキャンドルナイト

今月18日から、つまり明日から夏至の21日まで、『キャンドルナイト』期間になります。

わずか2年程の間に参加者は400万人に達したの事。

『キャンドルナイト』の詳細はこちら
               ↓
    http://www.daichi.or.jp/pc/candlenight/index.html

環境問題としての側面から見ると、電気を2時間消すだけでどれだけ違いがあるのかは私には良くわかりませんが、
『自分一人がやったところで、一体何の効果があるのか?』と考えて欲しくはない。とは、この運動を勧めているNPO団体の人のコメント。

ヨーロッパでは、夕食の特別な空間作りとして、現在もしばしばライトを消し、キャンドルの灯りを使っているらしい。

そんな事を遅い夕食をしながら、妻に話すと、この運動の案内パンフレットを差し出され、『子供達ともご飯を食べながらこの話をしたの。』と言われました。

恐るべし『キャンドルナイト』。既にここまで市民権を得ていたとは。

明日からは食卓の雰囲気を変えて、ちょっとお楽しみ気分を味わいながら、ロウソクの灯りで食事でもしてみようかな。

遠い処で結果がでるであろう、身近な環境へのアクションとして。
2005年06月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境
 | HOME | OLD »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。